Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES
RECENT COMMENT
  • パソコンを買い換えた場合のハムログデータの移行について
    SYSOP (10/08)
  • パソコンを買い換えた場合のハムログデータの移行について
    シミズ (10/08)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    SYSOP (09/18)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    かかっくん (09/18)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    かかっくん (09/18)
  • アマゾンを語る詐欺
    SYSOP (08/21)
  • アマゾンを語る詐欺
    JE1CVL (08/21)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
JLCPCBから届いたプリント基板 再確認
ルーホールは綺麗てす

先日JLCPCBから届いたブリント基板の再確認。
スルーホールは綺麗ですが、今ひとつシルクがにじんでいる様な・・

シルクの潰れ

FETのGDSの文字が潰れています。

なお、POWER−FETの外形線が曲っていますが、発注したガーバーは真っ直ぐ。
シルクの精度は、う〜〜〜んです。

「重箱の隅」目線で見たのですが、趣味で作成するならこの程度で十分かと思います。
シルク以外に気になる点は無いので、コスパ十分です。 (^_^)

到着記事
確認記事
コンデンサスポット溶接機(3号機)コンデンサフル実装、溶接電流は?
コンデンサスポット溶接機(3号機)コンデンサフル実装

先日作成したコンデンサスポット溶接機(3号機)、予算の関係でコンデンサが不足していました。
お小遣をはたいてケミコンを追加購入、フル実装になりました。(4700μF×60個)

ケース左側のごちゃごちゃしているのは、電源アダプタです。

溶接機コンデンサ電圧降下曲線

先日購入したなんちゃってオシロで溶接物から一番遠いケミコンの電圧を測定したグラフ。
4msで全エネルギーを使い果しています。
アンダーシュートが出ていますので、保護ダイオード(FMX-32S)を付けて置いたのは正解でした。 (^_^)
(この画面では−0.2Vとなっていますが、オシロの時間軸を変えて測ると−0.6V程度でした)

この時の溶接電流を無知な私が計算してみました。
(間違いがありましたら、お教え下さい)

4700μF×60個≒28万μF
電圧=24V
電気量=24×28万μF≒6.7Q
溶接物=0.3mm厚ステンレス板−0.3mm厚ステンレス板

これだけの電気量を4msで放出しています。
4msの平均電流=6.7Q/4ms≒1700A


ピークでは、3000A位かな?

ガッチリ溶接出来る訳だよね!
蛇足:このパワーでタブ板を電池に溶接すると、オーバーパワーで溶接部分が蒸発してしまいます。
   溶接電圧を下げて使う事になります。



参考リンク
配線図
電源
JLCPCBから届いたプリント基板
シルク・取付け穴 左JLC 右Fusion

未だ作業に入っていないので、出来については不明ですが、とりあえず見栄えについて。
左がJLCPCBの基板のネジ止め用の穴とシルク印刷、右がFusionPCB。
レジストの色は、JLCPCBが派手目、FusionPCBが地味目。
実物は、一目で色の差が解ります。
私は、FusionPCBの地味な色の方が好きです。

シルク印刷はJLCPCBが濃く真っ白に出ています。
FusionPCBのシルクは薄く、細かい文字は少しに見にくいです。
私は、JLCPCBの方が好みかな!

スルーホールトップレイヤー

スルーホールのトップレイヤー。

スルーホールボトムレイヤー

スルーホールのボトムレイヤー。
半田メッキが盛上がっています。hi

まだ検品していないので、基板のキズ等については不明。
のんびりと確認します。

FusionPCBでは、こんなのが有ったので時間の取れる折に慎重に確認します。
LCSCは、未だ発送前・・・遅い!
LCSCは遅いです

LCSCに注文した部品、発送準備も未だ。 (;_;)
発送はいつになるか解らないし、チャイナポストで指定したのでずいぶん時間がかかりそうです。
急ぐパーツじゃないから、いいんだけど・・国慶節の関係か・・でも遅い。 (;_;)

前記事
JLCPCBに注文したプリント基板が届きました
プリント基板配達されました(西濃運輸)

成田まではSF Express(Economy)、配達は西濃運輸でした。
9/28注文
9/29製造完了
9/29集荷
10/7配達
製造が1日間、配送が8日間でした。
送料をケチってエコノミーにしたので、時間がかかりました。hi

封筒の中は、段ボール箱

封筒の中は段ボール箱。
梱包はしっかりしています。 (^_^)

プチプチ。乾燥剤が入ってます

プリント基板は、ブチブチ+乾燥剤。

(蛇足:今は、FusionPCBは乾燥剤省略。昔は、FusionPCBも乾燥剤入ってたんだけど)

せっかく乾燥剤が張っているのに、破けてる。面取りしてあるのは嬉しい。

せっかく乾燥剤入っているけど、プチプチの隅に穴が。 赤矢印
プリント基板の角は面取りしてある。 青矢印

おまけで入っていたバッジ

おまけにこんなバッジが入ってました。hi

ブリント基板の開封は後日。。。

前記事1
前記事2
JLCPCBに注文したプリント基板やっと成田に
SF Economy Express やっと成田まで

前記事で記載したプリント基板、やっと成田まで届いた様です。
国慶節か香港のデモの影響でしょうか?、香港に9月30日に入った荷物が香港を出たのが10月6日。
ジリジリしていたのですが、成田について一安心です。 (^_^)

---

center centre

追跡の記録を見ると center centre 解らないので調べてみると、英国式、米国式のスペルの様子。
英米両方のスペルを混在使用しているのは面白いhi
1本終った(;_;)
飲み終った

先日那須塩原温泉の帰りに寄道した天鷹酒造で購入した「天鷹心 生酒」終りました。 (;_;)
家族から生酒は冷蔵庫の場所喰いだとの批判の中、大切に飲んでいたのですが・・・
ATU−IFの回り込み対策
回り込み対策

ATU−IFの回り込みで苦労している方はいらっしゃいますでしょうか?
故意に回り込みしやすい状況を作りテストした所、アース線1本で改善する場合が有る事が解りました。
特定のバンドの回り込みがどうしても解決出来ず苦労されている方、騙されたと思って一度お試し下さい。

注意:私の環境では改善しましたが、御利用の環境で改善する事はお約束できません。
   半田付作業が伴います。
   写真は改善した折のアース線を再現したものです。
   写真のATU−IFで回り込み対策テストをしたものではありません。
   写真のATU−IFは2013年から利用している動作テスト機です。
   プラケースの割れや各種TP等、悪戦苦闘した痕跡が残っています。hi

。腺圍奸檻稗討離廛螢鵐肇僖拭璽鵐哀薀鵐疋薀ぅ鵑らアース線を取出します。

回り込み対策

▲◆璽浩を最短でリグのケース等の電気的に接地されている部分に接続します。
 アース線長さが20cm以上だと、回り込みの改善効果が少なくなります。
 10cm程度にすると、相当な改善が期待出来ます。

回り込み対策

この様にセットして利用します。
赤矢印が、トランシーバーボディアースです。
大陸のショップLCSCに電子部品を注文しました
LCSCに注文しました

到着待ちJLCPCBのプリント基板とお仲間の会社LCSCにパーツを注文して見ました。
基板屋さんのお仲間との事で、FAKE品をつかまされる事は無いだろうと言う安易な気持hi
配達はシンガポールポストなので、届くのは1ヶ月後かな?
のんびり待つ事にします。



中国は、只今連休中!

LCSC will be on holiday for the National Day from Oct. 1st to 3rd.
Orders placed after Sep. 30th 10:00 am will start to ship out from Oct. 4th GMT+8.
JLCPCBにプリント基板を注文しました
JLCPCBにプリント基板を注文しました

前記事に記載したとおり、
JLCPCBのガーバービューアーバグったままなので多少の不安は有るのですが、
物は試しと注文してみました。

JLCPCBへのオーダーは初めてです。
初めてで品質も解らないのに3種類のプリント基板作成を依頼・・・馬鹿だねhi

到着が「楽しみ/不安」です。
24時間製造との事で、10月始めの中国の連休に引っかからないで発送されるかな?

---

追記
先日、V−cutについて問い合せで代金が上がりそうな解答が来たのですが、
追加料金と言われたら、「V−cut部分をシルクスクリーン印刷の白線にしてくれ」と
言うつもりで、V−cut有りのガーバーデーターで発注。
今のところ、追加料金や問い合せ等は特になく、そのまま製造に入りました。 (^_^)
FusionPCBと同様に、同一パターンならV−cut無料の様です。

---

ログインするとリアルタイムで製造状況が見られる

ログインするとリアルタイムでプリント基板の製造状況がわかる。
これって良いですね。 (^_^)



●2019/09/29 追記
6時28分から電気的テスト中
 本日6時28分(中国時間?)からFlying probe test。
 順調に進んでいる様です。 (^_^)
 上記画像はキャプチャーですが、JLCPCBのサイトではFlying probe testの参考映像が表示されます。
 何やってるか解るので面白いhi

●追記
Final inspection
 製造状況が100%になり、表示がFinal inspection。
 Final inspectionとは何かと、映像を見ると「検数/目視検査」・・・梱包直前みたいです。
 明日には出荷されるかな。 (^_^)

●追記
 15:14分、発送したとの連絡が有りました。
 Thank you for your order from JLCPCB. It’s our pleasure serving you.
 We are pleased to inform you that the items listed below have been shipped
 via S.F Express (Economy).
 Tracking Number: SF101xxxxxxxxxx ,
 Use the link below to check the status of your shipment:
 http://www.sf-express.com/us/en/

 追跡したけど、未だ反映されてない。
 集荷は未だみたいです。

●追記
 追跡出来る様になりました。(S.F Express 日本語サイト)
 2019-09-29 日曜日
 21:42:54 転送中 【Shenzhen Huangtian Distribution Center】
 19:52:53 荷物は【Shenzhen Pingdi Service Point】から next stationへ準備運送
 18:46:45 SFエクスプレスが荷物を集荷しました


●2019/10/02 追記
 先月末日迄は、こまめに記録されていた輸送状況。
 10月になってからピタリと止りました。
 運送業界も国慶節でお休み??? (;_;)

追跡がピタリと止りました?