Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
ENTRIES

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
釣り竿アンテナ奮闘記


HCTの報告事項
 今どきPC−9801/21用のソフトをお使いの方はいないと思いますが、地球博コンテストでおかしな挙動/バグ?を発見しました。
・バグ発生条件
 同一バンドで2モード交信が有効なコンテスト
 電信運用時に既交信マルチと同一マルチの局と交信
・バグの状況
 ニューマルチと誤認して、色表示
・得点
 サマリー出力時には既マルチとして処理される様ですので、得点計算は大丈夫と思います。
・確認
 この地球博コンテスト終了時に、再確認してみます。
 なお、バグが有ってもUPDATEは行いません。
 (HCTの「コンテストにかかわる主要な部分」は、しばらく修正していません。プログラムコードを忘れているため、UPDATEで別のバグを作成してしまう可能性が有る為です)
★提出用電子ログはマルチが正常に出力されました。(私の交信データ)
 殆ど居ないと思いますが・・・未だにPC−98x1+HCTをお使いのマイナーな皆さん宛の御願い。
 ログ提出前に、確認を御願いします。

●JT65
 早朝南鳥島の方と、7MHzSSBで交信。
 普段は、パイルアップになる事が多いのですが、今日は静か。
 のんびりと、お話が出来ました。
 釣り竿アンテナの件を話すと、JT65がお勧めとの事。
 「インストールは済んでいるが、取説が英文なのでその先に進んでいない」旨を伝えた所、和訳説明書が有ると教えてもらいました。
 早速印刷。近日中にQRV出来ればと。。。。
・その後
 JT65の説明書・ウェブの解説を見ながらセッティングしていますが、敷居が猛烈に高い。(私にはとても使いにくい)
 たとえば、「SpecJT」画面で信号をダブルクリックするとFreezeされ、受信範囲が狭められるのですが、元に戻す方法を知るだけで1時間以上かかりました。
 私の感覚では、
 ・ダブルクリックで帯域が狭くなったのだから、もう一度ダブルクリックで元に戻る。
 ・左クリックで帯域が狭くなったのだから、右クリックで元に戻る。

 なのですが、違いました。
・高性能なソフトの様なのですが、ユーザインターフェイスが私の感覚と異なりとても疲れます。
 チョット辛いソフトです。
 今日は終わりhi (;_;)

●AO-51 09/23 05:21 05:28 05:35 19 99 178 44
 仰角が高いため序盤中盤はGPでアップ/ダウンリンク。
 LOS間際を狙って八木に切り替えたのですが、その時には相手がいませんでした。(;_;)
 いつも交信するロシアの方がMMで強力に入感していたのですが、受信がしんどい様で、交信出来ませんでした。
 交信局数 2局 日本
8N1Y 144MHz SSB (^_^)
 TNX
●VQ9 21MHz CW (;_;)
 CHAGOS ARCHIPELAGO が空振りCQを出してます。
 信号も強力。
 チャンスとばかりにコールしたのですが、そのままCQ。。。私の軟弱電波は、届きませんでした。
 過去18MHzでは2回交信している局なので、「マアいいか」と自分を慰めています。hi
●SSTV
 SSTVでコールしたらこんな画像が戻ってきました。
 私送信して良いのか迷って、そのまま無線機の電源を切りました。hi
 TOCALLL欄に相手局のコールを入れてくれないと困りま〜す。
SSTVでコールしたらこんな画像が戻ってきました
 私もやった事が有るような気がします。反省! hi
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/956461