Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES

RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
Asia-Pacific Sprint Contestに参加しました
●おもしろい
 このコンテストのルールに「呼ばれた局は、交信後1kHz以上QSY」と言うルールが有ります。
 普通のコンテストでは、特定の周波数に居座ってCQを出し続けるのが一番効率が良いのですが、このコンテストでは通用しません。
 とてもおもしろいルールです。
●しかし
 これが辛いんです。
 私は電信の受信スキルが不足しているため、電信で呼ぶ側となる場合「複数回のCQをワッチしてから呼ぶ」と言う方法で交信しているのですが、その方法が通用しません。
 だれかと交信するとそのCQ局はQSYしてしまいます。
 QSY後必死に周辺周波数でCQを出すのを探したりしてました。hi
●ログ管理ソフト
 自作HCTは、国内コンテスト用ですので、プリフィックスマルチ等に対応していません。
 そのため、今回このコンテストではチェックログとして提出しました。
 エントリーは、しませんでした。
 交信局数も少ないので、エントリーしても入賞はありえませんので、、hi
●交信局数
 総交信局数は、28局です。
 RSTは取れたものの、ナンバーが取れずにカウントから外した局が1局有ります。
 2/3位がUゾーンの方。1/3が国内の方でした。

Asia-Pacific Sprint Contest
Thank you very much for your contact.
FreqencyModeStations
7MHzCW18
14MHzCW9
Total27
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/767051