Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES

RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
オセアニアコンテストに参加しました
釣り竿アンテナ、給電点高さ3m、全長10m AH−3とローディングコイルで1.8−29MHz運用中●7MHz
 頑張って呼んだのですが、SSBでオセアニア諸国は遠かったです。
 アンテナがダイポールなら少しは出来たと思うのですが、この当たりがホイップアンテナの限界だと思い知らされました。
●14MHz
 このバンドがメインになるかと思ったのですが、思ったより強力入感は無かったです。
 やっと、7局と交信出来たと言うのが実感です。
●21MHz
 このバンドが、メインになりました。
 しかし、強力入感の局でも全く空振と思うと、ギリギリの局が一発で私の呼出符号をGETしてくれたりと様々でした。
●28MHz
 このバンドが開けると、弱小パワー+貧弱アンテナの私にはとても助かるのですが、1局しか交信出来ませんでした。
●間違い
 総交信局数は27局なのですが、コンテスト番号の最後は25番でした。
 途中で同じ番号を送ってしまったようです>SRY
・間違いの原因
 百局単位で交信する国内コンテストと違いますので、のんびりと交信してました。
 そのためコンテストログを利用せずハムログでコンテストに参加していました。
 ハムログはコンテストのログではないため、交信順番の番号管理をしてくれません。
 メモ用紙で管理していたのですが、ミスした様です。
・と言うわけで、私にはコンテストの申告する権利が無くなってしまいました。
 (申告しても番号ミスでは失格ですね)
Oceania contest (SSB)
Thank you very much for your contact.
FreqencyModeStations
7MHzSSB0
14MHzSSB7
21MHzSSB19
28MHzSSB1
Total27

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/640248