Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
ENTRIES

RECENT COMMENT
  • HDDの温度上昇対策
    匿名希望 (06/16)
  • HDDの温度上昇
    SYSOP (06/13)
  • HDDの温度上昇
    匿名希望 (06/12)
  • クリックポストで宛先だけ封筒に直接印刷したい メモ
    SYSOP (05/24)
  • クリックポストで宛先だけ封筒に直接印刷したい メモ
    みみどん (05/24)
  • WD社のHDD、たった89時間でイエローフラッグです(;_;)
    SYSOP (05/08)
  • WD社のHDD、たった89時間でイエローフラッグです(;_;)
    かかっくん (05/08)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    7K1CRZ (04/15)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    SYSOP (04/14)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    7K1CRZ (04/14)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
AA DX CONTEST で その3 (結果)
釣り竿アンテナ、給電点高さ3m、全長10m●釣り竿で参戦
 釣り竿アンテナでオールアジアDXコンテストに参戦しました。
●7MHz
 普段は国内交信が殆どですが、SSBでは国内の局も相手してもらえません。
 釣り竿アンテナでは力負けしてCQに応答しても他の力の有る無線局にさらわれてしまいます。
 しかし、このコンテストでは、外国の方と交信出来ました。
 最長でヨーロッパロシアの方とも交信出来たのはビックリでした。
●14MHz
 常時多数の無線局がCQを出していましたが、私が交信出来る程強力な局は少なく、思った程は交信出来ませんでした。
 コンディションが、今ひとつだったのかもしれません。
●21MHz
 少しだけ開いたのですが、遠距離の方とは殆ど交信出来ませんでした。
 日本近隣諸国の方や、そちらに移動されている日本の方との交信が多かったです。
●28MHz
 コンディションさえ良ければパワーやアンテナに関係なくガンガン飛んでくれるのですが、残念なコンディションでした。
●参戦結果
 私の様な微弱無線局でも交信するチャンスとばかりに参戦した結果が下表のとおりです。
 釣り竿+50Wですので、強い局を呼ぶ事に徹しましたが、米国方面がガツンと開くことなく終わってしまったのは残念です。(下表はウェブの自動翻訳で英文にしてみましたが、これで良いのか不安!)
ALL ASIAN DX CONTEST (Fone)
Thank you very much for your contact.
FreqencyModeStations
7MHzSSB7
14MHzSSB26
21MHzSSB17
28MHzSSB1
Total51

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/611324