Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    SYSOP (07/18)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    ももも (07/18)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    SYSOP (07/18)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    ももも (07/18)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    SYSOP (07/17)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    ももも (07/16)
  • ミニミニ コンデンサ スポット溶接機試作中 メモ
    SYSOP (05/27)
  • ミニミニ コンデンサ スポット溶接機試作中 メモ
    さるる (05/27)
  • ミニミニ コンデンサ スポット溶接機試作中 メモ
    SYSOP (05/26)
  • ミニミニ コンデンサ スポット溶接機試作中 メモ
    SYSOP (05/26)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
電極3 完成しました(^_^)

先日作成した電極棒に引続き、3mmφで電極棒を作りました。

・用意する物 ‘舎寸械蹌蹙奸,好みの長さ 2本
電極 3mm銅棒

・電線 KIV 8sq お好みの長さ 2本
電極 8sq電線

・裸銅線 0.9mmφ
電極 0.9mm銅線

・銅棒の先端を丸め、裸銅線で巻きながら電線と銅棒を半田付
電極 銅線を巻いて半田付

・熱収縮チューブで仕上げて完了です。
コメント
from: ももも   2020/07/16 11:08 PM
以前譲っていただいた基板でやっと溶接できるところまで行けました。
4700uFx12個の24Vで溶接出来たり出来なかったりです。
もう少しパワーが欲しいところです。
再利用リチウムイオンバッテリーなのでタブが付きづらい。新品なら付くのかも。
ブリーダー抵抗の1kΩ2Wチップ抵抗をつけていないのですが、使用後に放電する方法はありますか?
from: SYSOP   2020/07/17 12:41 AM
なかなか難しいようですが、とりあえず溶接までいけたとの事。
おめでとうございます。
キャパシタの容量を増す等、確実に溶接出来る様に改良してください。
---
さて、使用後の放電
当初は放電について考慮していなかったので、電源を抜いてから電極二つを銅板に押し当てて空打ちしていました。

https://youtu.be/retUpgVPw1Q
わかりにくいですが、空打ちしてます。

では・・・
from: ももも   2020/07/18 9:59 AM
ありがとうございます。

空うちするには制御部と充電部の電源を切り離さないとダメですね。
現状基板の制約上5.5sq配線で2mmの溶接棒なのですが、8sqに変更した方がパワーがあがるでしょうか?
タブが0.2mmなので0.1mmを発注してます。
from: SYSOP   2020/07/18 11:14 AM
電極棒の計算をすると
http://www.wlp.co.jp/file/e2_1_6_teikouritu.htm
上記サイトはとても使いにくいです。
・電極棒の長さを(例:170m)入力して出た値を1/1000にして読んでください。
・入力値は半角数字ですが、参考値としている値は全角数字の為コピー&ペースト出来ません。<=不便
---
約1ミリオーム:1kAの溶接電流と仮定して1V電圧ロスします。(1kWロスします)

こんな感じで電線や電極棒の太さ長さを検討して溶接時のパワーロスを検討してください。

太く短くすれば良いのですが、使い勝手とトレードオフです。
どの程度にするかの判断が求められます。

タブ板は薄い方が溶接容易です。
from: ももも   2020/07/18 1:10 PM
たぶん電極まで長さが長すぎなんですが、あまり短くも出来ません。
Youtubeでは電極をかなり押しつけているように見えますが、その辺でも違いますかね。
いろいろやってみます。
from: SYSOP   2020/07/18 1:59 PM
>Youtubeでは電極をかなり押しつけているように見えます
押しつけ圧力もなかなか難しいです。
弱く押しつけると、タブ板相互間の接触抵抗が増して温度上昇が見込めます。
しかし、電極とタブ板間の接触抵抗も増加します。
なかなか難しいです。
なお、押しつけ圧力が弱い状態でパワーを上げすぎると、火花が上がって、タブ板が溶け穴が空きます。(;_;)
ベストな 電圧 コンデンサ容量 押しつけ圧力 をカットアンドトライしてください。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。