Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • アマゾンを語る詐欺
    SYSOP (08/21)
  • アマゾンを語る詐欺
    JE1CVL (08/21)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (07/31)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    SYSOP (07/29)
  • 奥日光に行きました
    SYSOP (07/29)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    Neo (07/29)
  • 奥日光に行きました
    Neo (07/26)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
コンデンサスポット溶接機(3号機)パワーアップをさらに その3完成
増強完了したので15Vで溶接・引き剥がしテスト

増設コンデンサの追加が完了した、溶接機3号。
増設コンデンサ用プリント基板は24個用なのですが、ハゲタカしたケミコンが12個なのでプリント基板中央に余白がhi


タブ引き剥がしテスト溶接電圧15V

タブ板を乾電池に溶接し、引き剥がしテストをしました。
・溶接電圧 15V
・タブ板  0.1mm × 8mm
・溶接電池 単三電池 +極

しっかり溶接された様で、引き剥がした所が破れています。 (^_^)
 
●2019/05/15 蛇足
 この溶接機、ケミコンを大量に使います。
 35V4700μFの単価は250円前後。
 48個使っていますので、福沢さん1枚ではケミコンも揃えられません。
 全部で福沢さん2枚〜3枚消費しました。(都度購入したので送料が微妙に痛い)
 実験用としてはちとお小遣の負担が大きかったです。
 てなわけで、左後部のプリント基板、12個分のコンデンサが空白にhi

●2019/05/15 追記
 溶接機の後部空きスペースにACアダプタ、フートスイッチ、溶接棒を収納してみました。

溶接機3号、後部スペースにACアダプタとフートスイッチを収納

 ギリギリ入りましたが、なんとしても邪魔なのがフートスイッチの電線。
 太いのにしたのが徒になって、収納に苦労しています。(黄色いマジックテープで縛ってます)
 機会が有るときに、細い物に交換したいと考えています。
 無精者なので、機会が来るかは不明hi
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089827