Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • アマゾンを語る詐欺
    SYSOP (08/21)
  • アマゾンを語る詐欺
    JE1CVL (08/21)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (07/31)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    SYSOP (07/29)
  • 奥日光に行きました
    SYSOP (07/29)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    Neo (07/29)
  • 奥日光に行きました
    Neo (07/26)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
スポット溶接機用増設コンデンサを作成しました
昨日届いたプリント基板で、コンデンサの増設です。

02 ケミコン16V8200μFを24個挿入

16V 8200μF のケミコンを24個挿入。

03 リード銭の挿入状態・ハンダ前

半田付前の状況。

04 プラス側配線完了部品面

プラス側の配線が終りました。
配線は、IV−2sq (エコ電線) × 5本 = 10sq。

05 プラス側配線完了ハンダ面

ハンダ面の様子。
2sqの電線が、整列しています。 (^_^)

06 増設コンデンサ完成

マイナス側もIV−2sq (HIV電線) × 5本 = 10sq。
圧着端子を取付けて仮配線完了。
後日、組付け長さに合せて電線を切断、再度圧着端子取付け予定です。
電線の種類がエコ電線と耐熱電線になっているのは、2色の手持電線を利用した関係です。(赤黒の方が良いけどそんなのは持って無い)
特に意味は有りませんhi

07 増設コンデンサ完成ハンダ面

完成後の裏面の様子。
ブリーダー抵抗は未だ取付けていないので、後日追加予定です。

ハンダ面、汚いですが「無洗浄」・・・無精者hi

追記:エコ電線の芯線は銅線ですが、耐熱電線(HIV)の芯線はスズメッキ線でした。
   マイナス側の配線が全面銀色なのは、ハンダにドブ浸した訳ではないです。

追記その2:制作費用
プリント基板(9.9ドルセール終了FusionPCB)  1150円 (現在は、7.9ドル+OCS配送5ドル≒1500円位)
ケミカルコンデンサ16V8200μF秋月  1200円(@50×24個) 佐川急便500円
ブリーダー抵抗500〜1kΩ2W 秋月チップ抵抗   140円
圧着端子R8-5に無理に挿入 (2sqIVx5本パラ)   160円 〒190円
・電線2sqIV線、2色、各5m位 在庫品
・ハンダ・カプトンテープポリイミドフィルムテープその他 在庫品
 出費総計:3340円

訂正 圧着端子(R8-6,R8-5,8-4 どれでもOKですが、使ったのは下記の物)
誤 R8-5
R8-6

 これくらいなら、お小遣に響かず遊べます。hi
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089811