Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • LANケーブル用圧着工具を購入しました
    SYSOP (10/17)
  • ルミーテック株式会社のLEDサークライン
    SYSOP (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    SYSOP (10/17)
  • 懲りずに中国から購入 (AliExpress)
    SYSOP (10/17)
  • LANケーブル用圧着工具を購入しました
    たなか (10/17)
  • ルミーテック株式会社のLEDサークライン
    たなか (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    たなか (10/17)
  • 懲りずに中国から購入 (AliExpress)
    たなか (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    SYSOP (09/29)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    通りすがり (09/29)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
SSDのセキュアイレース
9 成功(^_^)

Intel社製SSDのセキュアイレースをしてみました。
承知の上でWindows10を使用、エラーメッセージもご覧下さい。
利用したソフト
 Intel Drivers & Software
 ◆Memory and Storage」をクリック
 「Intel Solid State Drive Toolbox」最新版をDL
(インテル以外の方は、御利用のSSDメーカーから必要なソフトをDLして下さい)



−−−Wind0ws10を起動−−−

1 ファイル名を指定して実行(R)

Windowsのファイル名を指定して実行(R)をクリック

2 diskpart

diskpartと打ち込みます。

3 select disk x clean

list disk で、ディスクの一覧を表示させます。
 ディスク0:Windows10起動ディスク (200GB=186GiB)
 ディスク1:この作業でセキュアイレースするSSD (32GB=29GiB)
 ディスク2:画面キャプチャーに利用したUSBメモリ (64GB=58GiB)
select disk  で、セキュアイレースするディスクの番号を指定します。
list par で、パーティションリストを表示させ確認します。
clean 間違い無ければ、クリーンします。間違うと悲惨・・自己責任!!

4 Windows10は、非対応と断られた(;_;)

Ineel SSD Toolbox でセキュアイレースしようとすると、Windows8/2012はダメと断られる。
(実際の使用OSは、Windows10です)


−−−ここから下はWindows7−−−

5 Windows7 にしたら FREEZE LOCK 中、これからSSDのコネクタを瞬抜きします

今度は、Windows7を起動してIntel SSD Toolbox。
セキュアイレースしようとしたら、FREEZE LOCKとの事。
これから、活線でSSDのコネクタを抜差します。
・・・活線作業はSSDが壊れそうで少々怖い・・・自己責任でお願いします。

6 SSDのコネクタを瞬抜き、SSD TOOL BOX再起動、FREEZE LOCK 解除

コネクタ活線抜差をした後、Intel SSD Toolbox再起動で、LOCKが解除になりました。
(OSを再起動しちゃダメですよ!)
消去ボタンがアクティブになりますので、クリック。

7 確認の後、自己責任で「実行」をクリック

充分確認してから、「自己責任」で「実行」をクリックします。

8 セキュアイレース実施中

SSDのセキュアイレースが開始されます。
完了すると、トップ画像の様になります。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089622