Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • QSLカードが届きました
    SYSOP (11/08)
  • KENWOOD機とAH−4,AH−3用のインターフェイスを頒布しています
    SYSOP (11/08)
  • KENWOOD機とAH−4,AH−3用のインターフェイスを頒布しています
    SYSOP (11/08)
  • モニターの解像度と、ブログの画像サイズ
    SYSOP (11/08)
  • 中国から懲りずに個人輸入
    SYSOP (11/08)
  • 中国から懲りずに個人輸入 届きました
    SYSOP (11/08)
  • QSLカードが届きました
    たまちゃん (11/08)
  • PC−9821Rv20のCPUをグリグリと
    SYSOP (11/08)
  • KENWOOD機とAH−4,AH−3用のインターフェイスを頒布しています
    かかお (11/08)
  • モニターの解像度と、ブログの画像サイズ
    たまちゃん (11/08)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
禁断のSSD最適化
禁断のSSD最適化

SSDは適量の書込が無いと、データーが蒸発するらしい。
新品は蒸発しにくいけど、使い古すと短期間で蒸発する。
そして、基準より早く蒸発する様になったら寿命らしい。

でその基準は、クライアント用1年、エンタープライズ用3ヶ月との事。
PC−9821をSSD化したのですが、ウインドウズはインストール試験でつかったキリ。
今はDOSで時々動かすだけです・・・書込は殆ど発生しない。
そしてSSDは、SLCのサーバー用。
規格的には、全領域をリフレッシュする為に3ヶ月で64GBの書込が必用・・・無理(;_;)
(オーバープロビジョニングで64GB=>32GBにして使用中)

てな訳で、書込が最も多くなりそうなデフラグをした次第。(Windows2000)
第一から第四迄全パーティシーンをデフラグしたので、多少は64Gに近づいたかな?
ちなみに、使用中のSLC−SSDは定格2ペタバイトの書込寿命が有るので、デフラグ無問題。hi
(スペックでは:毎日1TB使っても5年以上持つ・・・絶対使い切れない)

こんな事必要なかったかのかな〜〜〜

私の使っているのと違うけど、1年/3ヶ月の説明が載っているメーカーサイト。
Kingston社 エンタープライズ SSD 対クライアント SSD

●蛇足
DOSメインのマシンは書込が余り発生しないので、
・HDD:遅い。機械的な故障が多い。
・SSD:適度な書込実施が必用。書込が少なすぎたり寿命が来るとデータが蒸発するらしい。
二択かな〜〜〜どっちもどっち。
早いほうが良い。 (^_^)
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089607