Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • QSLカードが届きました
    SYSOP (11/08)
  • KENWOOD機とAH−4,AH−3用のインターフェイスを頒布しています
    SYSOP (11/08)
  • KENWOOD機とAH−4,AH−3用のインターフェイスを頒布しています
    SYSOP (11/08)
  • モニターの解像度と、ブログの画像サイズ
    SYSOP (11/08)
  • 中国から懲りずに個人輸入
    SYSOP (11/08)
  • 中国から懲りずに個人輸入 届きました
    SYSOP (11/08)
  • QSLカードが届きました
    たまちゃん (11/08)
  • PC−9821Rv20のCPUをグリグリと
    SYSOP (11/08)
  • KENWOOD機とAH−4,AH−3用のインターフェイスを頒布しています
    かかお (11/08)
  • モニターの解像度と、ブログの画像サイズ
    たまちゃん (11/08)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
PC−9821Nb7を購入しました
PC-9821Nb7時計交換、レジ有無電池撤去

古いノートパソコンを購入して、最初の仕事は電池の交換・撤去。
〇計用電池は、互換品と交換。
 充電式リチウム電池なのでCR2032等は不可ですのでご注意。
▲譽献紂璽狹澱單欝
 今時、ニッカド組電池は手に入りません。
 非推奨:単四ニッケル水素電池と交換すると言う手段も有りますが、未実施。
メインバッテリー取り外し
 さすがに互換品は手に入りません。
 リチウム電池の交換をしてくれるショップも有るようですが、クチコミを見ると甲乙割れてます。
 高価ですし、ちと怖い。
 現在はAC使用のみとなっています。

なお、裏面のリチウム電池を外すと「時計用」「レジューム用」電池が露出しているのですが、
交換を考えられた作りでは有りません。
リードの伸びた先のコネクタには手が入らないような構造になってます。
てなわけで、分解したのが上の写真。
アルミのシールド/補強パネルが邪魔をして電池のコネクタに届きません。
このパネルを外すには、フラットケーブルを数カ所抜く必用が有りそうです。
ちと面倒なので、前側のスピーカーコネクタだけ外し「アルミパネルを浮かして」隙間から作業すると言う手抜き手段を・・・

PS.
レジューム電池のコネクタを見ると、錆びが出ています。
ニッカド組電池の液漏れと思いますが、アルミ板を外すのは面倒なので基板を覗くのを省略。
液漏れは見なかったことにしました。hi

PS2.
各部に貼り付けて有るマスキングテープ。
中身はネジです。
・場所によりネジの長さが違います。
・おっちょこちょいの私は、付け忘れをする恐れが有ります。
てな訳で、ねじ穴近くにマスキングテープでネジを貼り付けています。
テープが外れない限り絶対忘れない・・・筈?
(作業途中でピンクのテープが切れた為、黄色と混在)
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089604