Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • LANケーブル用圧着工具を購入しました
    SYSOP (10/17)
  • ルミーテック株式会社のLEDサークライン
    SYSOP (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    SYSOP (10/17)
  • 懲りずに中国から購入 (AliExpress)
    SYSOP (10/17)
  • LANケーブル用圧着工具を購入しました
    たなか (10/17)
  • ルミーテック株式会社のLEDサークライン
    たなか (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    たなか (10/17)
  • 懲りずに中国から購入 (AliExpress)
    たなか (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    SYSOP (09/29)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    通りすがり (09/29)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
ハードディスクをSSDに・・
デスクトップパソコンのSSD化
1TB−HDD => 400GB−SSD

富士通PC

富士通のパソコン、蓋を開けて。

オリジナルの1TB-HDD

1TBのハードディスクを取り出し、SSDと交換しました。

●換装のため、クローン。
Acronis True Image WD Edition(WD社)でトライ。
 失敗 (;_;)
 これ、愛用しているんですが、GPT環境だと起動しなくなる事が有ります。
 その症状が発生しました。
¬姪櫃覆里鮠誼里如EaseUS Todo Backup Free(窓の杜)を利用。
 (EaseUS Software社からDLする場合はこちら)
 クローン成功。起動しました。
 しかし、このソフト癖が有ります。(SSDに最適化チェックを入れたんですが)

パーティションアライメント処理前

 上画像見て頂ければ・・パーティションアライメントがぐちゃぐちゃ。
 パーティション境界が奇数セクタになってます。
 例:8,289,792(B)÷512=16,191(セクタ)
 SSDの場合、2,048セクタを境界にする事が推奨されています。

●追加の一手間

パーティションアライメント処理後

 パーティションアライメントの調整は、AOMEI Partition Assistant(窓の杜)で実行。
 無事成功したのが、上の画像です。
 9,437,184(B)÷512÷2048(セクタ)=9
 きちんと割り切れます。
 成功しました。 (^_^)

●蛇足
 各々のソフトは、Boot用のUSBメモリを作成して利用しました。

●蛇足その2
 今回は失敗しましたが、普段はAcronis True Image WD Editionを利用しています。
 一手間かかるのが「WD製品が使用されていない場合、動かない」事。
 ダメよ!と言われたら、余っているUSBポートにSanDisk社のUSBメモリを差し込んで下さい。
 SanDisk社はWD社の子会社・・・少々待つとOKに変わります。
コメント
from: Eli   2018/06/15 6:34 PM
Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新
管理人様

お世話になっております。
EaseUS Softwareです。

突然のコメント、失礼致しました。

御ブログで弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

より詳しい内容を読みたいユーザーのために、製品名EaseUS Todo Backup Freeに下記の公式ページを貼り付けて頂けませんでしょうか?

https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

今ではクリックできますが、この記事ページにまた戻りました。

お忙しい中ご無理申し上げまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

どうぞよろしくお願い致します。
from: SYSOP   2018/06/15 7:21 PM
コメント有り難うございます。
貴社へのリンクを追記しました。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089602