Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
Buffalo NAS が自動作成する迷惑フォルダ削除 メモ
勝手に作る無駄フォルダ

★注意事項
 以下私の環境での動作確認しかしていません。
 自己責任で御利用下さい。
 NASのデータが吹っ飛んでも責任は負えません。


BuffaloのLS520DNですが、自動的にゴミファイル・フォルダを作成すると言うタコ仕様になっています。
(スマホ等でアクセスする場合のサムネイルの様です・・私は純粋なNAS用途しか使わないので全く不要)
これが、ルートフォルダだけなら容易に削除出来るのですが、深いフォルダ迄しっかりとゴミを作成しています。
さらに迷惑なのが、作ったり・作らなかったりと、とてもいい加減。
下記が、迷惑フォルダの一覧。

2018/05/08  14:50    <DIR>          .thumbnail
2018/05/08  14:50    <DIR>          .webaxs_3L
2018/05/08  14:50    <DIR>          .webaxs_L
2018/05/08  14:50    <DIR>          .webaxs_LL
2018/05/08  14:50    <DIR>          .webaxs_M
2018/05/08  14:50    <DIR>          .webaxs_S
2018/05/08  14:50    <DIR>          .webview

最初のうちは、エクスプローラーでシコシコと消していたのですが、突然復活してしまうと言う生命力の強さを見せつけられました。

で作成したのが、以下のバッチ。
注意事項、サブフォルダも含めて問答無用で削除します。
適当な名前でNASに保存して下さい。たとえば、「GomiSakujyoForBuffaloNAS.CMD」。
実行はダブルクリック。
実行時にセキュリティ警告が出ますが、ご自身で判断して下さい。

REM === GomiSakujyoForBuffaloNAS.CMD ===
for /R %%d in (.webaxs_S .webaxs_3L .thumbnail .webaxs_LL .webview .webaxs_L .webaxs_M) do rmdir /S /Q "%%d"
REM === ここまで ===


購入者に無断でサムネイル作るなんて、ゴミ仕様は止めてくれ => Buffalo

蛇足
バッチスクリプトとしてではなく、コマンドラインから直接使う場合は %% => % として下さい。

for /R %d in (.webaxs_S .webaxs_3L .thumbnail .webaxs_LL .webview .webaxs_L .webaxs_M) do rmdir /S /Q "%d"

追加画像 2019/11/22
詳細はコメントを参照して下さい。
共有フォルダー
コメント
from: Kishimoto   2019/11/14 3:03 PM
全くおっしゃる通りで、非常に困っています。
バッチスクリプトを使わせていただこうと思っていますが、Shareのところの操作方法がわからず困っています。Link StationはLANにつながっていますが、ネットワークのところには表示されません。注目ディレクトリーに移動する方法、Shareのところの書き方をお教えいただくとありがたいです。
from: SYSOP   2019/11/14 3:24 PM
コメント有難うございます。
Shareは、コマンドではないので・・・

画像は、¥¥192.168.xx.xx¥share を Z:として共有している場合の例です。

Share でなくても、御利用の共有ドライブのルートにCMDスクリプトを作成すればOKです。
from: Kishimoto   2019/11/19 12:19 PM
遅くなりましたが御礼です。ありがとうございました。

 共有ドライブ設定にしたら検索対象として認識するようになり、バッチファイルが働くようになりました。
 Web設定でゴミ箱機能を無効にしてから、バッチファイルを動かすと、延々と時間はかかりますが、一発で削除できています。
 無限によみがえるゾンビ退治についに成功している気分です。
 Web設定の方では不思議なディレクトリー表示になっているので、整合性はおかしくなるかもしれませんが、ともかくBuffaloさんの「余計なお世話」を解消させることが第一であり、(∩´∀`)∩バンザーイです。
from: SYSOP   2019/11/19 1:17 PM
Kishimoto様、こんにちは
私の環境以外でもきちんと動くことが確認出来て安心しました。

>延々と時間はかかりますが

深いネストのディレクトリを掘下げるので時間がかかるのだと思います。
私のNASも退治する迄ずいぶん時間がかかりました。

ゾンビが出現したら、また退治して下さい。

レポート有難うございました。
from: Kishimoto   2019/11/22 10:27 AM
一つ補足です。
 ゾンビが復活しないために、ゾンビの墓¥trashboxは消した方が良いと思ったのですがそうではないようです。¥trashboxを削除しても、別の.trashというのが勝手にあちこち生成されます。それを削除するためにまた延々と時間がかかります。これはファイル誤削除対策のための仕組みだと思いますが、ゾンビの墓はどんどん生成してゾンビは生き残ります。
 そこで正解は、¥trashboxは生かしておいて、自動削除したファイルを貯めておき、次に「Web設定で開いて」、¥trashboxの中を削除することです。これは一瞬です。この段階では、まだ「ごみ箱」に移動しただけです。最後に「ごみ箱を空にする」(Web設定の中)とすれば完全に消えます。これは10秒以下程度です。
 ややこしいですが、「Web設定」でのファイル削除操作は速いということが重要です。この段階でも、もしファイルエキスプローラー等で消そうとすると、また延々と時間がかかります。
 ゾンビ再生機能というのはファイル誤削除に対して、親切に、これでもかとばかり、再生してくれるのですが、程度問題ですね。
 蛇足ですが、.trashというのはWeb設定ページでは見えません。だから見える¥trashboxの方が扱いやすいのです。

from: SYSOP   2019/11/22 10:56 AM
Kishimoto様、コメント有難うございます。
私の環境では、¥trashbox も .trash も見つからないです。
ゴミ箱を使わない設定にしているからかもです。

PS.
本文に画像をupしました。

PS2.
画像の ¥public は、使っていません。
もっぱら ¥share を使い、時折 ¥usbdsk1 にバックアップしています。

from: SHSOP   2019/11/22 4:43 PM
追記です。
Buffaloも削除に時間がかかることを認識している様です。
対策がウェブページに記載されていました。
上記に該当するのか不明ですが、一応hi
https://www.buffalo.jp/support/faq/detail/124142019.html
from: Kishimoto   2019/11/23 5:03 PM
はい該当します。.trashの中身を消すのに同じだけ時間がかかります。
私もWeb設定でも、「ごみ箱を使わない」という設定にしたのですが消しても生えてくるのです。ひどいときはサブフォルダーにも。そこで¥trashboxを残す方がよいという結論です。
もう一つ気がついたことは、¥trashbox =>ごみ箱を空にするという作業は、ゾンビ復活はないのですが、頻繁にごみ箱を空にしてやらないと、自動削除スピードが減ってくることです。
それもこれも私の95%という使用率のせいかもしれません。
結局、公称の容量はRAIDで半分、さらにこれらシステムファイルで1割程度は食われると見なすしかないような気もします。
from: SYSOP   2019/11/23 11:24 PM
Kishimoto様、こんばんは。

.trashもゾンビですね。
こまったもんです。

BUFFALOの作るゾンビ一覧(;_;)
.webaxs_S
.webaxs_3L
.thumbnail
.webaxs_LL
.webview
.webaxs_L
.webaxs_M
.trash
from: akiyo_shi   2019/11/28 10:26 AM
NASの再起動+一晩放置でゾンビ復活です
また、CMD利用させて頂きました。
rootに置くのが大事ですね
from: SYSOP   2019/11/28 10:44 AM
akiyo_shi様、コメント有難うございます。
ゾンビ対策で役に立ったとの事、とても嬉しいです。
また何か気がついたことがありましたらコメントをお願いします。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。