Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • エボルタにエアコンのリモコンを壊された
    SYSOP (02/14)
  • エボルタにエアコンのリモコンを壊された
    かかっくん (02/13)
  • 発電機試運転
    SYSOP (01/21)
  • 発電機試運転
    JE1CVL (01/21)
  • SSDは、電源ON/OFFにも気を使う必用が有りそうです
    SYSOP (01/14)
  • SSDは、電源ON/OFFにも気を使う必用が有りそうです
    SYSOP (01/14)
  • SSDは、電源ON/OFFにも気を使う必用が有りそうです
    かかっくん (01/14)
  • PC−98用時計電池のシュリンクパック
    SYSOP (11/09)
  • PC−98用時計電池のシュリンクパック
    jr1cuh (11/09)
  • PC−98用時計電池のシュリンクパック
    jr1cuh (11/08)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
ICOM−ATUコネクタも熱収縮チューブで保護してみた
ICOM-ATU側も熱収縮チューブで保護してみた
先日の「KENWOODのAT−300用コネクタを熱収縮チューブでカバーしてみた」に続き、
ICOMのATU側も熱収縮チューブしてみた。(ATUは、主にAH−3を使用しています)
手持ち品がピンクしか無いので少々???ですが、しっかりと保護出来ます。

下画像はKENWOOD側
KENWOODのAT-300用コネクタを熱収縮チューブでカバーしてみた

●蛇足
同じ熱収縮チューブを同じカメラで撮影したんですが随分と色が違う?
・上 NECのLED照明  ほぼ元の色に近いです
・下 AUKEY LEDデスクライト ずいぶんと色が変わってます
照明器具の色温度により、カメラの色調整がうまく行かない場合が有る様です。
下は、バックカラーを青にしたからかな?

●2017/12/03 追記
純正のカバーは滑りにくいビニール系の材質。
熱収縮チューブは、純正と比較して滑りやすい材質。
純正と熱収縮の費用対効果でどちらを選ぶかですね。
なお、最もコストが安いのは、カバー無しです。hi
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089513