Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
  • LANケーブル用圧着工具を購入しました
    SYSOP (10/17)
  • ルミーテック株式会社のLEDサークライン
    SYSOP (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    SYSOP (10/17)
  • 懲りずに中国から購入 (AliExpress)
    SYSOP (10/17)
  • LANケーブル用圧着工具を購入しました
    たなか (10/17)
  • ルミーテック株式会社のLEDサークライン
    たなか (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    たなか (10/17)
  • 懲りずに中国から購入 (AliExpress)
    たなか (10/17)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    SYSOP (09/29)
  • 同軸コネクタ、ネジのピッチが違うみたい
    通りすがり (09/29)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
ヒートガンを購入しました
アマゾン最安のヒートガン

アマゾン最安のヒートガンを購入しました。
少々怪しい感じがしますが、1回当たりの使用時間が10秒程度なので監視しながら使います。
(熱収縮チューブに使用)
たまげる位安いです。hi

今、確認したら「数日前に買った時より、さらに100円位安くなってる」 (;_;)

蛇足
プラグが変な形状。
コードが短くて延長コードが必須なのですが、プラグ形状の関係で使いにくい。
壁コンセントに直接刺す場合は問題無いですが、本体コードが短すぎて実用上無理。
プラグの出っ張りをヤスリで削るか、交換を検討中・・・



プラグ先端の形状

変な形状のプラグ、こんな形です。
大げさに言うと、しゃもじの様な形。
延長コードだと刺しにくいです。

見やすいようにパープルのプラ板を挟みましたが、撮影はなかなか難しい。
焦げ色の様に見えるのは光の反射です。現物は綺麗な銀色です。

●2017/10/26 追記
 温度を測ってみました。
 熱電対の温度計を吹き出し口に近づけて150゜C位でした。
 吸気口を半分位手で押さえると温度が上がりますがちと危険。
 熱収縮チューブを溶かすには十分ですが、それ以上は無理かな?
 価格が価格なのでこれで十分です。 (^_^)
コメント
from: かかっくん   2017/10/13 11:38 PM
これは極性付きプラグ(polarized plug)というモノで
基本的にはコンセントに直結するモノです。
幅の広い方をコンセントの穴の長い方(接地極または中性極)に挿します。
P社のテーブルタップ(既製品)は穴を大小分けていますが
DIY用の部品は同じになっています。
from: SYSOP   2017/10/14 12:06 AM
かかっくん様、コメント有り難うございます。

壁のコンセントはグランド側が微妙に大きなサイズになってます。
このしゃもじ形をグランド側に刺せばOKです。

しかし、ヒートガンのACコード1m位しか有りません。
壁の側に行って、それもコンセントの様な低い位置に陣取って作業する事になります・・・無理です。

延長コードが欠かせません。
普通のコンセントなら容易に延長出来るので、よほど使いやすいです。

さらには、電圧が110V用 (;_;)
海外製品を日本仕様に合わせず、そのまま輸入販売しているみたいです。
from: かかっくん   2017/10/14 2:41 AM
わざわざ極性付きにしているところからして、絶縁されていない
可能性があります。
プラグを取り替えると本来接地極側にすべき側に電圧がかかり
感電する危険性があります。
高価な絶縁トランスを使うかP社のテーブルタップを使う(プラグにも
『目印』が有ったはず)か、感電のリスクを受け入れて気をつけるか、
改造して絶縁するかのどれかを選ぶようかも
from: かかっくん   2017/10/14 2:47 AM
訂正
> 幅の広い方をコンセントの穴の長い方(接地極または中性極)に挿します。

接地極→接地側極
接地極とはアースそのものの事です
from: SYSO=   2017/10/14 9:08 AM
かかっくん様、解説有り難うございます。

>接地極→接地側極

はい了解です。

基本的に、壁コンセントは左側が接地側極で穴が微妙に大きいです。

ご注意:一部「いい加減な作業者」や「DIYでコンセントを増設した」場合、左がHOT側となる逆極性となっている場合が有ります。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089478