Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
ENTRIES

RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
SSDのオーバープロビジョニング再挑戦
10 Windows7起動

PC−9821で安定した運用が出来るのは、32GB迄。
64GBのSSDが有るのでオーバープロビジョニングして使うべく挑戦です。



追記:注意事項
下記記事では、SSDのサイズ変更時にIDEにする様記載しています。
ネットをググるとセキュアイレースもIDEにした方が良さそうな記事が有ります。
私のパソコンはデフォルトでIDEモードにしているので、検証しておりません。
ご了承下さい。



準備
0.オーバープロビジョニングするとデーターは全て消えます。バックアップ必須!!
1.Windows7が必用です。(Windows8以降でのセキュアイレースは困難)
  古いツールを利用すれば、WindowsXp/Vistaで出来るかも?(動作未確認)
2.デスクトップ機の蓋を開けた状態で作業します。
3.Windows7マシンのデータドライブ側にオーバープロビジョニングするSSDを取り付けます。



Windows7が立ち上がれば作業開始です。

12 DiskPartを起動

DISKPARTを起動

13 DiskPartを注意して実行

LIST DISK     でディスクを確認
SELECT DISK # でオーバープロビジョニングするディスク番号を指定します。
間違い無いですよね・・・重要な確認
CLEAN         全てをまっさらにします。

PS.パソコン名が面白い。納戸に置いていたパソコンなのでその「納戸+OS」。NANDO7


次はセキュアイレースです。
CLEANで消してもSSDのデータは残っているのでSSDの機能で完全まっさらにします。
INTEL SSD TOOLBOX を起動します。

20 IntelSSD Toolbox 起動も セキュアフローズンでイレース出来ません

起動したら、セキュアイレースするディスクを選択。
セキュアイレースボタンをクリックします。

しかし・・・消去ボタンはグレーアウトして選択出来ません。

一度、INTEL SSD TOOLBOX を終了します。

ここで荒技。
データ側(イレースする方)のSSDの電源コネクタをWindows起動中に抜き直ぐに差し込みます。
私は一体型のコネクタなので、電源ラインとデータラインを同時に抜き、速やかに差し込みました。

ちと怖いhi

22 イレースするSSDのコネクタを抜き速やかに刺し直すとイレース出来る様になります

その後、INTEL SSD TOOLBOX をポチすると消去ボタンが有効になります。

24 注意事項を確認して進みます

注意事項を確認して先に進みます。

26 セキュアイレース中の表示画面

セキュアイレース中の画面はこんな感じ。

38 セキュアイレース無事完了(1分位)

1分位で完了。



SSDのイレースが終わったので、今度はSSDのサイズ変更です。

間違うといけないので、Windows7のディスクを外し、オーバープロビジョニングするディスクのみ取り付けます。

パソコンのBIOS画面を出します。

50 BIOS SATA as IDE

BIOS画面から、SATAのモードをIDEにします。(AHCIでは以下の作業が出来ません)
デフォルトがIDEモードのパソコンではそのままでOKです。

HDAT2を起動します。

52 HDAT2を起動し該当のSSDを選択

起動したら該当SSDを選択します。

54 SET MAX (HPA) menu を選択

SET MAX (HPA) menu を選択します。

56 Set Max Address を選択

Set Max Asress を選択します。

58 NEW USER に好みのセクター数を入れて S でセット

NEW USER の欄で「INS」キーを押すと、数字が入れられますので好みのセクター数を入力します。
入力完了したら、 S で値をセットします。

60 本当か?と聞かれるので確認して Y

本当か?と聞かれるので、確認の上 Y を押して下さい。

62 成功したから何かキーを押せと言われれば (^_^)

成功すると、何かキーを押せと言われます。 (^_^)

50 BIOS SATA as IDE

AHCIモードがデフォルトのパソコンは、BIOSに戻ってAHCIに戻して下さい。
デフォルトがIDEモードの方はそのままでOKです。



●INTEL SSD TOOLBOX
・現行版(Windows7−10対応)
 インテルSSDツールボックス現行版3.4.5(2017/05時点)
・旧版(WindowsXp−10対応)
 インテルSSDツールボックス旧バージョン3.3.7
 参考:旧バージョンを使うと、WindowsXpでTRIMコマンドを発行する事が出来ます。 
 TRIMはOKですが、セキュアイレースについては未確認です。
(^_^)

●HDAT2 の入手は、以下の記事を参考にして下さい。
 オーバープロビジョニングを設定しました
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089391