Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • エボルタにエアコンのリモコンを壊された
    SYSOP (02/14)
  • エボルタにエアコンのリモコンを壊された
    かかっくん (02/13)
  • 発電機試運転
    SYSOP (01/21)
  • 発電機試運転
    JE1CVL (01/21)
  • SSDは、電源ON/OFFにも気を使う必用が有りそうです
    SYSOP (01/14)
  • SSDは、電源ON/OFFにも気を使う必用が有りそうです
    SYSOP (01/14)
  • SSDは、電源ON/OFFにも気を使う必用が有りそうです
    かかっくん (01/14)
  • PC−98用時計電池のシュリンクパック
    SYSOP (11/09)
  • PC−98用時計電池のシュリンクパック
    jr1cuh (11/09)
  • PC−98用時計電池のシュリンクパック
    jr1cuh (11/08)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
ノートパソコンのSSDを交換しました
ノートパソコンのSSDを交換しました

ノートパソコンのSSDが不安だったので、TLCからMLCに交換しました。

・交換前のSSDは、OCZ製のTLC 480GB。
  (毎日110GB書込で耐久3年 Trion 100シリーズ)

・交換後のSSDは、インテル製のMLC 400GB。
  (毎日4TB書込で耐久5年 Intel 3710シリーズ)

個人使用では毎日4TBの書込は無理なので、どんな使い方をしても大丈夫かなと・・
もっとも、素子の電気的摩耗ではなく故障だと一撃ですがhi

リカバリー中

システムの移行は、Acronis True Image WD Editionを使いました。
パーティションアライメントも1MiB境界に来るのでFBです。
MBR形式でのバックアップと復旧は経験しているのですが、GPTは初めて。
30分で終わる予定が、半日かかりました。 (;_;)


アクロニスでのクローン作業は経験しています。
今回初めてバックアップからのリストアでシステム移行をしました。
インテルのSSDがMBR形式だったので、うまく行かなかったようです。
別のパソコンでGPT形式に変換してからはスムースに進みました。




気になる点が一つ・・・

Intel Dell SSD
画像をクリックして拡大


Intel 3710 の筈ですが、3610と認識されてます。
DellブランドのSSDなので、Intel SSD Toolboxが判断を誤るようです。

Intelのサイトには、訳の分からない日本語でその旨記載されています。
ちなみにSSDのファームは現時点で最新ですが、DELLサーバーを持って無いので今後のupdateで更新する事は出来ません。
(updaterがDELLサーバーチェックをしているので、DELLの指定機種以外で使えない)

インテルの訳の分からないメッセージ
OEM 版は、お使いの Intel® SSD を購入された場合、ファームウェアのバージョンがある可能性がありの異なる命名します。
ファームウェアの最新版、 OEM の担当者までお問い合わせください。

インテルは日本法人もある筈なのですが、仕事をしていないのかな。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089376