Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    SYSOP (09/18)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    かかっくん (09/18)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    かかっくん (09/18)
  • アマゾンを語る詐欺
    SYSOP (08/21)
  • アマゾンを語る詐欺
    JE1CVL (08/21)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (07/31)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    SYSOP (07/29)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
KENWOOD ICOM リグ用電源ケーブルを作成しました

先日作成したケーブル(EC5コネクタ悪戦苦闘記 (その2))と接続して使うリグ側ケーブルです。

KENWOOD(TS−2000)付属ケーブルは根元側が2sqで少し細く感じたので
・リグ側 2sqパラ
・根元側 5.5sq
で作成しました。

先日作成したバッテリー側コネクタにヒュージブルリンクを利用したので、ヒューズは省略です。


KENWOOD ICOM リグ用電源コネクタ

KENWOOD/ICOM用コネクタ。
随分前に購入した手持ち品です。

KENWOOD ICOM リグ用コネクタピン

コネクタのピンと電線。
2本パラにして使います。

KENWOOD ICOM リグ用コネクタピン圧着完了

ピンの圧着作業完了。
圧着は、エンジニア製の圧着ペンチを利用。
なお、電線被覆部のかしめは、太すぎたのでなんちゃって製の圧着ペンチを利用。
かしめがズレちゃいました。 (;_;)
(工具は日本製品をおすすめします!)

VFF2sqパラとVFF5.5sqの直線接続準備

VFF2sq×2とVFF5.5sqを直線接続します。
(リグコネクタ側  根元側)

VFF2sqパラとVFF5.5sqの直線接続

直線接続完了
熱収縮チューブは事前に入れておかないと困る事になりますhi
熱収縮チューブだけでは機械的摩擦が心配だったので、100円ショップの保護用スパイラルを併用。

あとは、EC5コネクタを取り付けて完了。 (^_^)

---

蛇足
QRVもしないのに、部品作りばかりしています。 (;_;)
コメント
from: 油断大切   2019/07/31 9:20 PM
はじめまして。ケンウッド TS2000の電源ケーブルを自作しようと調べていたらたどり着きました。よかったらコネクタの品番等を教えて頂けたら助かります。
from: SYSOP   2019/08/03 1:38 PM
純正品購入する場合は、以下URL
http://www.icom.co.jp/iuse/ic-7400/000225.html
(旧式機種のICOMとKENWOODのコネクタは同型です)

社外品で良ければ以下がお薦めです。
ヤフオク!のアマチュア無線カテゴリで以下を検索して下さい。
コネクタ 電源 (6P 6ピン)

ICOM社の型番を頼りにコネクタ販売店から購入すると単価は安くなりますが、ロット単位になるため個人での購入はハードルが高いです。
(探せば、10個単位で販売してくれる店が有るかも?)

間違いがあるかもしれませんので、ご自身で確認してからポチして下さい。
from: 油断大切   2019/08/03 8:22 PM
ありがとうございます。助かりました。
電源コードはやはり太い方がいいですか?
回り込み対策などされていますか?
from: SYSOP   2019/08/03 11:00 PM
電源ケーブルを繋いで長くしていたら、リグの電圧が10−11V程度になりました。
(送信時のリグの電圧は、TS−2000のATUの制御端子に出ているATU制御電源伝亜を測定)
電圧降下が大きく80W位しか出ませんでした。
現在は電源端子箱に接続しているので安定しています。
http://blog1.bakw.sub.jp/?eid=1089838

なお、回り込みはパッチンコアを多数付けてます。
アンテナやATU制御線だけでなく、RS−232Cやマイク、スピーカー、電源等、リグから出ている電線全てです。
パッチンコア代もバカにならないです。(;_;)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089161