Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    SYSOP (09/18)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    かかっくん (09/18)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    かかっくん (09/18)
  • アマゾンを語る詐欺
    SYSOP (08/21)
  • アマゾンを語る詐欺
    JE1CVL (08/21)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (07/31)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    SYSOP (07/29)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
SAIのエンジン無償修理その2
以下の記事は、主にネット記事収集で得られた情報です。
メーカーから得られた情報では無いので、間違いがある可能性が有ります。
該当する故障が有る方は、必ずディーラーで確認を取って下さい。


SAIエンジン
SAIのエンジン
矢印部分にエンジン番号が刻印されてます

エンジン番号

エンジン番号

で、エンジンの欠陥原因は「某国製造品」に有る様です。
国産にしとけば、問題無かったのに。
コストダウンで、某国製品にしたのが原因の模様。

ちなみに、エンジン番号についてネットで調べると
1. 頭が数字なら国産、頭がアルファベットなら某国製
2. 頭が数字又はBHIJKなら国産、頭が数字又はCDEFGで始まるものは某国製
と2種類有ります。(2015/11/20修正)


私の車B***なんだけど、どっちなんでしょうか?
某国製で9年以降にトラブルが出ると悲劇です。

引用元:トヨタ社リコール関連の記事へのリンク

---

●2015/11/09 追記
 ネットをググって見ると、某国製造品だけではなく、
 日本製のエンジンでも同様の欠陥が有る様です。
 トヨタ恐るべし (;_;)

●2015/11/10 追記
・さらに掘り下げると、「ディーラーによっては修理を逃げようとする事が有る」との情報も。
 「そりゃそうだ、エンジンオーバーホールなんて面倒だもんね」
 とは言わないよ、該当する方は上記トヨタのHPの印刷物持参で談判して下さい。
・「販売台数の1割はこの症状で入庫してる」
 との記事が有りました。
 う〜〜〜ん、多い!
 なんでリコールにしないの・・・金か?
 該当記事へのリンク
・また調べていると面白い記事が 「保証延長」→「無料修理」 との事。
 保障延長=保証書必要(中古車では保証書が無いかも)
 無料修理=保証書不要(症状が出ればOK)
コメント
from: Neo   2019/07/29 10:48 AM
はじめまして。 突然の書き込み、失礼します。

私もSAIに乗っており、エンジン番号の最初の文字はHです。

下記のYouTubeには、Hは、中国産の対策品とあります。

恐れりますが、BHIJKが国産という情報は、どのように得られたのか教えて頂けますでしょう?

また、オイル上りの減少は起きていますでしょうか?



from: SYSOP   2019/07/29 3:36 PM
コメント有難うございます。
>恐れりますが、BHIJKが国産という情報
4年前にググった資料ですので、出典は調べるのが困難です。
ご了承下さい。
なお、中華製エンジンでも、国産エンジンでも当時の物はオイル上がりする品が有る様です。

不安でしたら、
https://toyota.jp/recall/kaisyu/141126.html
を印刷持参し、ディーラーでお聞きになる事をお薦めします。

ちなみに、私は
ディーラーで聞いたら、「この車は大丈夫」と言われました。
根拠は言わなかったです。
いい加減な返事かもしれません。

私の車は、8年になります。
9年過ぎてから症状が出ると悲惨、、、
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1089097