Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
RECENT COMMENT
  • アマゾンを語る詐欺
    SYSOP (08/21)
  • アマゾンを語る詐欺
    JE1CVL (08/21)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (07/31)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    SYSOP (07/29)
  • 奥日光に行きました
    SYSOP (07/29)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    Neo (07/29)
  • 奥日光に行きました
    Neo (07/26)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
ミニミニスポット溶接機を10個パラにしてみました メモ
ミニミニスポット溶接機を10個パラにしてみました

0.2mmのステンレス板、溶接部を無理に剥がすと「破け」ます。 (^_^)

 

・電源電圧=24V
・コンデンサ=5600μF x 合計50個 = 0.28F
・FET=IRLB3034PBF x 10個

・テスト1
 0.1mm 真鍮板 x 0.9mm 銅線
 真鍮・銅線共に電気伝導度が良いので、火花が小さいです。
 真鍮は強度が無いので直ぐに剥がれます。
 剥がれた後は、真鍮板に孔が開きます。

・テスト2
 0.2mm ステンレス板
 しっかり溶接されているので、剥がすと言うより破く感じになります。
 無理に剥がすと、スポット径よりはるかに大きな孔が開きます。
穿孔部分拡大

・ちなみに、遅すぎるユーチューブ回線、回線速度の1/100未満
 ユーチューブ回線速度が遅すぎで、アップロードだけで時間が掛かりすぎです。
 せめて百M以上の回線速度があれば楽なのですが。(本音としては500M位欲しい)
遅すぎるユーチューブ回線

●作成経過
・プリント基板作製中
増設用プリント基板作製中
 2014/05/01 追記
 右端に写っている基盤、シャント抵抗1つ漏れている模様。
 溶接機、動いているので「見なかった事」にします。


・コンデンサを接続
コンデンサ接続完了しました

・7ユニット目テスト中
一つづつ増設テスト・・7ユニット目

●今後
 PC−9821電池タブ用に作った溶接機がどんどんエスカレートして「電池タブ溶接」のパワーを超えてしまいました。
 数十ユニット以上ののミニミニ溶接機をパラにする事も可能なのですが、この位で終了にしますhi

・制御基板
 蛇の目配線が「修正の繰り返し」で酷い状態。
 機会が有る時に、作り直したいと思います。
・溶接ユニット
 両面プリント基板オーダーしたので綺麗です。
 青色LEDは当初予定に無かったので空中配線。
コメント
from: たけと   2013/07/10 9:13 PM
はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
ほんとすごいですね、コンデンサぐらい自分で交換できないとですね^^
from: SYSOP   2013/07/10 9:42 PM
たけと様、コメントありがとうございます。

殆どの部品は秋月で購入しました。
太物電線と圧着工具さえ有れば、容易に作成出来ますのでお試し下さい。

迫力も有り、結構楽しめます。 (^_^)
from: 四畳半   2013/08/09 7:55 AM
ホビーで半田付けよりスポット溶接出来ないかと探してここに来ました。
写真のストロボの発光部分を外して出来ないかと思ってたましたが、やはり無理なんだなと思いした。
from: SYSOP   2013/08/09 8:21 AM
四畳半様コメントありがとうございます。

スポット溶接は瞬間の大電流が必用です。

1000A以上有ると容易に溶接出来ます。

---

電池駆動のストロボ発光部は、高電圧をストロボ内で発光させる仕様になっています。
(数百Vで電流は少ないです)
その為、定電圧・大電流が必用な溶接には向かないと思われます。

---

溶接機の作製は「電気工作と言うより金属工作」に近い力業が殆どです。
それなりに工作の楽しみが味わえますのでチャレンジしてはいかがでしょうか?

---

PS.
また機会が有りましたら、ブログにコメントを御願いします。

では。。。。


コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1088730