Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
ENTRIES

RECENT COMMENT
  • HDDの温度上昇対策
    匿名希望 (06/16)
  • HDDの温度上昇
    SYSOP (06/13)
  • HDDの温度上昇
    匿名希望 (06/12)
  • クリックポストで宛先だけ封筒に直接印刷したい メモ
    SYSOP (05/24)
  • クリックポストで宛先だけ封筒に直接印刷したい メモ
    みみどん (05/24)
  • WD社のHDD、たった89時間でイエローフラッグです(;_;)
    SYSOP (05/08)
  • WD社のHDD、たった89時間でイエローフラッグです(;_;)
    かかっくん (05/08)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    7K1CRZ (04/15)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    SYSOP (04/14)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    7K1CRZ (04/14)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
PCBE Ver0.58 を使って Fusion PCB への注文 ( まとめ 長文 メモ )
●以下は、PCBE(0.58)を利用し、Fusion PCB へ注文した流れです。
 PCBE作者の高戸谷隆様、便利なソフトを公開して頂きありがとうございました。

○経過
・2013年04月04日 PCBE 0.58 を Vector からダウンロード
・2013年04月04日 PCBEを練習しながらパターン作製開始
・2013年04月19日 プリント基板のパターン作製完了
・2013年04月19日 PayPalに登録(Seeed Studio への支払用)
・2013年04月19日 Seeed Studio ユーザー登録
・2013年04月19日 Seeed Studio の Fusion PCBにプリント基板を発注
・2013年04月23日 エラーでガーバーデーター再提出
・2013年04月25日 エラーでガーバーデーター再再提出
・2013年04月26日 Fusion PCB のステータス passed file examination.
・2013年04月29日 Fusion PCB のステータス In production
・2013年05月05日 Fusion PCB のステータス Shipped 
・2013年05月06日 香港郵政 引き受け
・2013年05月08日 香港郵政 KOWLOON D 郵便局から発送
・2013年05月09日 成田国際空港郵便局に到着
・2013年05月10日 通関手続
・2013年05月10日 成田国際空港郵便局発送
・2013年05月11日 到着


○オーダーから到着迄22日経過していますが、ガーバーデーターのミス等で再提出した為です。
 再々提出時を起点とすると、16日間となります。
・慣れればミスも減ると思うので、半月で済みそうです。

○PCBEデーターを作製し、Fusion PCBに発注したHP等を見かけるのですが、
 HPが更新されていないため、現行のFusionPCB、現行のPCBEバージョンに適合しない所が殆どです。
 とうとう、現行のPCBEで、現行のFusionPCBへの発注記事を見つける事が出来ませんでした。

・以下は、自分なりに解釈し、自力で試行錯誤した結果を「私のメモ」として記載したものです。

・他のHP等を参考にする場合は、記事が最新のものか確認してからにして下さい。
 出来れば、2013年の資料が良いと思います。

・Fusion PCBは、HPが頻繁に修正されています。
 私が4月に発注した後にも、Fusion PCBのサービスを行っているSeeed Studioのサイトの一部が変更されています。(5月14日に変更を確認)
 記事と異なる部分は、読み替えて下さい。

○下記に間違い有っても、責任は持てません。
 ご了承下さい。

○なお、OSは、Windows XP Proを利用しました。



●PCBE で Fusion PCB 用のパターンを作製。
・PCBEを初めて使いました
 パターン作成方法は、HELPを見ながら何とかなりました。
 とても解りやすいソフトで、FSWとしては充分満足です。
・出来たら・・・贅沢な注文。
 起動時のデフォルトレイヤーを#2(半田面)にしてほしい。
 戻るボタンの回数制限をもっと緩くして欲しい。(私はドジなので、戻れる回数がもっと欲しいです)
 補助レイヤーで書いた、図面を「一括して半田面に乗せる」など、レイヤー間の移動を容易にしてほしい。
・無理難題
 出来ましたら、塗りつぶし機能を自動で・・・
・Fusion PCB
 パターン間隔その他に制限事項がありますが、細かいパターンもOKの様です。
 細か過ぎるとパターンがつぶれるとの記事も見かけますので、ギリギリは避けた方が無難です。
Fusion PCBのルールへの直リンク
・Fusion PCBは、片面・両面基板同料金。
 両面基板で作りました。
・Fusion PCBは、半田面シルク印刷も同料金。
 部品面には、部品マーク。
 半田面には、部品の値を入れました。
・10cm×5cmの基板と10cm×10cmの基板の価格差が殆ど有りません。
 上半分は別パターンで、10cm×10cmの基板を注文しました。
  2014年4月に調べた価格一覧
 ・オプション無価格、送料別途です。
 ・単価表示は1cm当たりです。(一枚当たりでは無いので御注意)
 ・$表示、桁数の多い所は少数以下が隠れています。($0.9)

Fusion PCB Service 価格表
 「ミシン目」「Vカット」はNGとの事ですので、基板は自力カットして使用します。

●PCBE旧バージョンとの互換性についての各種注意
 ・・・これで悩みました。

○最初焦ったのですが、PCBEはバージョンによりレイヤー番号が異なる様です。
・旧バージョン  半田面視
 レイヤー1: パターン1  半田面パターン (赤)
 レイヤー2: パターン2  部品面パターン (緑)
 レイヤー3: シルク1   半田面シルク印刷(青)
 レイヤー4: シルク2   部品面シルク印刷(黄)
 ・・・・

・新バージョン  部品面視
 現行はデフォルトで以下の様になります。
 レイヤー1: パターン-A  部品面パターン (赤)
 レイヤー2: パターン-B  半田面パターン (緑)
 レイヤー3: シルク-A   部品面シルク印刷 (青)
 レイヤー4: シルク-B   半田面シルク印刷 (黄)
 ・・・・

・旧バージョンの簡易判定
 半田面のパターンが赤い色をしているサンプルが表示されているサイトは、古いPCBEのバージョンにを解説しているページと思われます。
 半田パターン面が緑色のサンプルが表示されていれば最近のバージョンと思われます。

緑が半田面パターンです旧バージョンのPCBEは、こんな感じ???
現行版での表示例旧バージョンはこんな感じ?

・注意
 現行版のデフォルト色は、緑=半田面側パターン、赤=部品面側パターン。
 表面実装基板の場合、部品面パターンが主になるので「赤」主体のパターンになります。    

・パターン面名による判断
 パターン1 等とパターンが数字で表示されているのは「古いバージョン」です。
 現行バージョンは、上にも記載したとおり「パターン-A」等と表示されます。(デフォルトの場合)

○ライブラリ
・ライブラリが各種公開されていますが、旧バージョン用のライブラリばかりです。
 読み込んで修正すれば使えますが、自作した方が早いようです。
 ライブラリ作成者の皆さんの更新を期待しています。
・なお、古いバージョン用のライブラリを使うと、部品を半田面側から突っ込む様なパターンかできあがることになります。

●その他の注意
○部品面視になりますので「半田面のシルクに文字を入力する時は、裏文字になります」。
 文字を入れる場合、「ひっくり返す」必要が有ります。
 (部品面から、基板を通して文字を見ているので、ひっくり返し文字になります。)
○レイヤー名をいじって一部の機能が使えなくなりました
 私の場合、ini を編集して
 オリジナル レイヤー1:NAME=パターン-A
 修正後   レイヤー1:NAME=部品面パターン-A

 としていたら、「同電位」機能が使えませんでした。
 レイヤー名を戻したら使える様になりました。
 各機能を使う場合は、レイヤー名の変更は鬼門の様です。

●Fusion PCB の注意
・スルーホールメッキ無は、指定出来ない様です。
 レイヤー42の「孔(NO-TH)」は使わずに、レイヤー8の「孔」で書きました。
 取付孔はスルーホールメッキ無しでした。(詳細後記)
・レイヤー7の外形は、注文時には使いません。
 半田面シルクに外形線を入れて発注しました。
・DRCチェック時のみ使います。
 半田面シルクに入れたのと同じ外形線をレイヤー7にも入れています。
・発注時に使うのは
 レイヤー1〜6とレイヤー8の7つです。

●PCBEでデーターが完成したらdrcチェックです
 FILEメニューから「DRCチェック」を行いました。
 ラインの間隔その他がPCB製造に適合するかチェックしてくれます。
 ×が出たらやり直し、配線の間隔調整が必要。

●チェックがOKになったらガーバー出力です
○ガーバー出力設定(ファイル名はデフォルトのまま変更していません
・各レイヤー出力
ガーバー出力設定
・ホール出力(ガーバーで出します。「ファイル」メニューの「ホール出力」は使いません)
PCBEの標準穴形式から grb 形式に変更して提出です
・上記のとおり「レイヤーナンバー」にチェックを入れ
 「拡張出力」にもチェックを入れます。
・「出力」ボタンをクリック。
・PCBE標準のファイル名でガーバーデーターが出力されます。
・PCBEのホール出力機能は使いません。

●ガーバービューワーで確認します
 私は、Viewplotと言うビューワーで確認しました。
注文した基板の一部

●出力したガーバーファイルをFusion PCB指定のファイル名に変更します。
・hogehogeの所は好きな名前にして下さい。
 以下のスクリプトを、PcbeToFu.CMD 等として作製したガーバーデーターと同じフォルダに保管。
 1回だけ実行して下さい。
 PCBEファイル名→Fusion PCB指定形式に変更します。
・2回実行すると、作製したガーバーファイルを消去出来ます。
 次回準備や、ガーバーファイルを削除する時にご利用下さい。
 PCBEのデータは残りますので、ガーバーは必要に応じて再作成出来ます。

REM PCBE to Fusion PCB setup
SET PCBNAME=hogehoge
REM Fusion PCB用旧ファイル削除
for %%a in (GTL GBL GTS GBS GTO GBO TXT) do if exist %PCBNAME%.%%a del %PCBNAME%.%%a
REM PCBEの作製した旧ファイル残骸削除
for %%a in (gout.lst hout.lst hole.hol) do if exist %%a del %%a

REM Top layer 部品面 xx.GTL
REN pattern-A.grb %PCBNAME%.GTL

REM Bottom layer ハンダ面 xx.GBL
REN pattern-B.grb %PCBNAME%.GBL

REM Solder Stop Mask top 部品面のレジスト層 xx.GTS
REN resist-A.grb %PCBNAME%.GTS

REM Solder Stop Mask Bottom ハンダ面のレジスト層 xx.GBS
REN resist-B.grb %PCBNAME%.GBS

REM Silk Top 部品面シルク xx.GTO
REN silk-A.grb %PCBNAME%.GTO

REM Silk Bottom ハンダ面のシルク xx.GBO
REN silk-B.grb %PCBNAME%.GBO

REM NC Drill NCドリル情報 xx.TXT
REN hole.grb %PCBNAME%.TXT

SET PCBNAME=


●ZIPにまとめます
○ZIP化について
 ZIPと言っても各種有る様です。
 AのプログラムでZIP化したものが、Bで展開出来ない等が希に有ります。
 Windowsの標準機能を利用すれば、その心配は有りません。
 手間はかかりますが、FSW等を使わず以下の方法でZIP化しました。
○ZIP化開始
・マイコンピューターで適当な所を右クリック
・メニューから新規作成
・圧縮(zip形式)フォルダ
 と進むと、ZIPフォルダ(空のZIPファイル)が作製されます。
 下画像参照。
ZIPフォルダを新規作成します
・ZIPフォルダの名前を設定
 「新規圧縮 (zip 形式) フォルダ.zip」を右クリックして「名前の変更」・・・好みの名前に変更
名前の変更
 hogehoge.zip etc. (注意:拡張子はかならずzip)
・作製したZIPフォルダに上記スクリプトでリネームした7つのファイルをドラッグして下さい。
・マイコンピューター上でZIPをクリックして確認して下さい。
 7つの指定ファイルがあればOKです。
 hogehoge.GTL hogehoge.GBL hogehoge.GTS hogehoge.GBS hogehoge.GTO hogehoge.GBO hogehoge.TXT

準備完了。いよいよFusion PCBです。

●初めての方は新規登録が必要
 Fusion PCB は、Seeed Studioが行っているサービスの一つです。

Seeed Studioの登録用URLにアクセスします。

・下画像の様に記載して登録します。
 パスワード等、忘れない様に御注意下さい。
 fusion PCB 新規登録画面

●Fusion PCB の注文方法

・先ずはSeeed Studioにログインします。

・ログインしたら、右上部の検索窓に「PCB」と入力して「Search」します。
PCBを検索します

・「Fusion PCB Service - 2 layers $9.90」と表示されますので、左の画像をクリックします。
注文する基板(ここでは利用面基板)をクリックします。

・注文画面になります。
fusion PCB 注文画面

●注文完了・支払
 追記(2013/07)
・下画像のカートをクリックします。
精算するには、カートをクリックします
・下画像のチェックアウトをクリックします。
 (画像はダミーなので$5ですが、実際にはPCBの価格となります)
チェックアウトをクリックして支払います

・支払画面になりますので、ペイパルやクレカ等で支払って下さい。
・私は、クレカ番号を送るのが心配だったので、ペイパル払いにしました。
・下画像の様な流れになります。
Fusion PCB Service 注文しました

●順調に行けば以下の様なメールが来ます。
・Thanks for shopping with us today!
 The following are the details of your order.
・Thank you for purchasing from us.Your order xxxxxx has been updated to the
 following status:
 Shipped.
・Thank you for purchasing from us.Your order xxxxxx has been updated to the
 following status:
 Traceable.


●問題があると以下の様なメールが来ます
・Pending.
 Since your PCB file did NOT meet our requirements, your order has been holding up for now.

・そのまま無理矢理作って貰う時は、以下の様な文面でhi
 If possible, please make as it is.

●時折、Fusion PCB のステータスを確認します。
・Seeed Studioにログインします。
・ログイン後、マイアカウントをクリックします。(その後、名称が Your Account に変更)
ログイン後My Accountをクリックします。
・マイアカウントのshow all ordersをクリックします。(下画像)
show all orders
・My Order History が表示されます。
My Order History
○該当注文の「View」をクリックすると製造工程上のステータスが表示されます。
Date Order Status Comments
04/20/2013 Confirmed
04/20/2013 Confirmed PayPal status: Completed @ 21:13:35 Apr 19, 2013 PDT
Trans ID:xxxxxxxxxxxxxxxxx
Amount: 34.04 USD
04/20/2013 PCB Confirmed This order has PCB item(s)
04/20/2013 PCB Processing PCB File:hogehoge.ZIP is now waiting for file examination.
04/20/2013 PCB Processing PCB File:hogehoge.ZIP passed file examination.
04/23/2013 Pending The drilling file format is not right,we need gerber file RS-274X format.Thank you .
PCB file name: hogehoge.ZIP
04/23/2013 Pending New PCB file uploaded: hogehogeB.ZIP
04/23/2013 PCB Confirmed All the PCB file that need be re-uploaded has been re-uploaded
04/23/2013 PCB Processing PCB File:hogehogeB.ZIP is now waiting for file examination.
04/24/2013 PCB Processing PCB File:hogehogeB.ZIP passed file examination.
04/25/2013 Pending Is your top soldermask ok for you?It is all covered with soldermask.
PCB file name: hogehogeB.ZIP
04/25/2013 Pending New PCB file uploaded: hogehogeC.ZIP
04/25/2013 PCB Confirmed All the PCB file that need be re-uploaded has been re-uploaded
04/25/2013 PCB Processing PCB File:hogehogeC.ZIP is now waiting for file examination.
04/26/2013 PCB Processing PCB File:hogehogeC.ZIP passed file examination.
04/29/2013 In production hogehogeC is coming back from production workshop.
05/05/2013 Shipped
05/06/2013 Traceable

○該当注文の「Track」をクリックすると発送後の追跡が出来ます。
・下が「Track」をクリックした画像です。
赤いところが追跡番号です
 赤で消した所が「追跡番号」です。
 >>HERE<<の部分をクリックして追跡します。(追跡可能になるまで時間がかかる様です)
・私の場合、発送は「AirMail」を選択しました。(料金が一番安い)
 Air Mailの場合、数日経つと郵便局HPからも上記赤部分の番号で追跡出来る様になります。
郵便追跡サービス
・追跡結果は下画像の様に表示されます。(画像クリックで拡大)
クリックすると拡大します

●到着 (^_^)
茶色の小箱に入って届きました
・書留扱いなので、受領には印鑑が必用です。

基板は乾燥剤と共にラップされてました。
 中はこんな感じ。
 基板は乾燥剤と共にラップされてました。
・スルーホールメッキについて
 ガーバーデーターは「孔」一種類だけしか送らないので、全部の孔にスルーホールメッキされるかと思ったのですが、取り付け用の穴はスルーホールメッキ無しで届きました。
・下写真が届いた基板を割り付けに従い、自力で切り出した物。
Fusion PCB から届いた基板を切り出しました
・スルーホールメッキを考慮した孔を開けてくれるのかも?
 下は、0.9mmのスルーホールに0.9mmの真鍮線を通した写真。
0.9mmの真鍮線がスムースに通りました
 スムースに通ると言うことは、、、、指定より大きい孔かも?

●リンク
 本ブログ内をプリント基板(PCB)で検索
・PCBEのダウンロード
 PCBE 最新番
・PCBE作者、とても便利なソフトの提供感謝です。
 高戸谷隆氏のHP
・私の利用したガーバービューワー、見やすいソフトの提供感謝です。
 Version 1.5 Build version 1.50.1079 [ 2 August, 2009 ]
・支払に使ったPayPalへのリンク
 PayPal
・割り付けの切り出しに使ったカッターは、オルファの物です。
 オルファプラスチック板用カッターを楽天で検索



●2017/06/16 追記
 Fusionさんドリルファイルの仕様が変わったようです。(未確認)
・旧 ガーバー形式
・新 エクセロン形式
 PCBEでエクセロン形式のドリルデータが出せるか検証していません。
 次回、発注時に悩みそうです。 (;_;)
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1088622