Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
ENTRIES

RECENT COMMENT
  • HDDの温度上昇対策
    匿名希望 (06/16)
  • HDDの温度上昇
    SYSOP (06/13)
  • HDDの温度上昇
    匿名希望 (06/12)
  • クリックポストで宛先だけ封筒に直接印刷したい メモ
    SYSOP (05/24)
  • クリックポストで宛先だけ封筒に直接印刷したい メモ
    みみどん (05/24)
  • WD社のHDD、たった89時間でイエローフラッグです(;_;)
    SYSOP (05/08)
  • WD社のHDD、たった89時間でイエローフラッグです(;_;)
    かかっくん (05/08)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    7K1CRZ (04/15)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    SYSOP (04/14)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    7K1CRZ (04/14)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
ALL ASIAN DX CONTEST CW に参加しました
釣り竿ホイップアンテナと、V/UHFのアンテナ (釣り竿一本で参加です)●6月19日
・12:00〜
 チョット出遅れ。
 交信出来たのは、ロシア等の数局だけでした。
 14MHzも良く聞こえず、釣り竿アンテナは撤退です。
 (;_;)
・15:00〜
 コンディション上がらず。なかなか聞こえません。
・19:00〜
 7MHzでWが強力に入感中。
 CQ空振り局は応答率が良いのですが、中にはパイルになっている局もいて、弱小釣り竿アンテナではなかなか大変です。
●6月20日
・08:00〜
 朝寝坊・・21MHzをワッチしたのですが、釣り竿アンテナで聞こえるのはJA局のCQばかり。
 14MHzで数局交信して休憩。
・09:00〜
 釣竿5Wでも、届くんですね〜
 5WでDX局をコール。(8J1P交信用QRPを戻し忘れ)
 一発で応答!・・・ナンバー送信前、慌てて50Wに戻しました。hi
 相手局の受信力にびっくり。(OPさんはJAの方)
・11:00〜
 またやってしまいました。10MHzでQRP運用の後、コンテストに復帰。
 VR2の局をQRPのまま呼び出し。「1?」と数字だけは取れたようです。hi
 50Wに戻したらOKでした。
 50局やっと到達。
・〜24:00
 昨年交信出来た方をコールしても空振りだったりと、CONDXの落ち込みを感じます。
 しかしさすがOH8Xは、違いますね。
 ハイバンドでの交信ですが、一発で私の微弱信号を受信してくれます。
 パワーとアンテナのバランスが取れた、FBな局です。・・羨まし〜〜
●6月21日
・05:00〜
 7MHzと14MHzでヨーロッパが入感していますが、釣り竿アンテナでは、強い局をコールしても応答率が2〜3割と寂しい状況。
 既交信なのでコールしませんでしたが、相変わらずOH8Xは強力入感中です。
・07:00
 入感する局も弱く、釣り竿アンテナでは各バンド共に困難な状況。
 終了の時刻が来た様です。
●ログ提出
 コンテストログに国内専用の自作HCTを利用したため
 ・時刻はJST
 ・エンティティーリストと照合出来ない
 等の問題があります。
 エディタで修正する等は諦め、チェックログとして提出しました。
●当ブログ内リンク
 2009 ALL ASIAN DX CW
 2009 ALL ASIAN DX FONE
 2008 ALL ASIAN DX FONE

 ALL ASIAN DX CONTEST CW
Thank you very much for your contact.
FreqencyModeStations
7MHzCW23
14MHzCW32
21MHzCW17
28MHzCW9
Total81
(Attention: A date is a mentioning day of an article. It isn't a contest participation day.)
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog1.bakw.sub.jp/trackback/1056996