Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES
RECENT COMMENT
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その8 半田付完了 (^_^)
    SYSOP (01/19)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その8 半田付完了 (^_^)
    かかっくん (01/19)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その8 半田付完了 (^_^)
    SYSOP (01/18)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その8 半田付完了 (^_^)
    かかっくん (01/18)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その2
    SYSOP (12/31)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その2
    通りすがり (12/31)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その2
    SYSOP (12/31)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その2
    SYSOP (12/31)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! その2
    通りすがり (12/30)
  • クロネコヤマトの配送システム??
    SYSOP (12/11)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
コンデンサスポット溶接機の夢! その9 ギリギリ
ギリギリ

ギブアップしたコンデンサスポット溶接機、無い知恵を絞って・・・・
押圧を弱くすると、「接触抵抗が高くなり、スポット溶接点の温度が上がる」のを思い出し。
溶接棒を弱く押して溶接テストをしました。(0.1mm厚ステンレス板、14Vパソコン用アダプタ使用)
写真は、溶接した後、引きはがしたステンレス板。
溶接点の温度が上がった為、しっかりと溶接出来ています。
引きはがすと、穴が開きます・・・溶接強度は充分です。

しかし、、、
・押圧を常時コントロールしながらの溶接は面倒い!
・電池用タブ板の溶接にはどうしても力不足
てなわけで、迷宮に入っています。

ステンレス薄板の数カ所溶接程度ならなんとかなると思いますが、多ヶ所やタブ板の溶接は無理みたいです。
この溶接パワーだとコンデンサを追加しても限度が有るので、電圧を上げるべく検討中。
パターンカットで出来る範囲の改良を考えています。(あと4枚未使用のプリント板が有るので)
コンデンサスポット溶接機の夢! その8 残念賞 (;_;)
残念賞

0.1mmのステンレス切端2枚を用意。(写真右下)
フートスイッチでトリガーすると、溶接電極を押し当てている手にコツンと手応え。
行けたか?と、スレテンス板を持つとくっついてます。
しかし、チョット触ると剥がれちゃう。
まるっきりのパワー不足。
これだけ非力だとコンデンサーを追加しても期待出来ません。 (;_;)
12Vでの溶接は暗礁に乗り上げました。

低い電圧でなら、制御電源と主電源を共通に出来るとの目論見で居たのですが。
ギブアップかな〜〜〜

●追記
 日本メーカー品はスペック上限を超えても破裂しないと信じて(最近はスペックの偽装が多いので安心は出来ません)、
 16WVのケミコンに19V印加して試しました。(良い子はマネしちゃダメ)
 具合が良いときは溶接出来るけど、なかなか難しい!
 昔作った「これより火力が弱いみたいです。
 コンデンサのtanΔ等、色々な要因があると思いますがギブアップです。
コンデンサスポット溶接機の夢! その8 半田付完了 (^_^)
TopView

半田付完了しました。

BottomView

半田付とは言っても、プリント基板に取り付けるのではなく、電線に半田付けします。hi
プリント配線と言うより、電工さんの工事の様な??

基板ハンダ面の電線はFケーブル1.6mmΦを剥いた銅線です。
プリント基板のスポット溶接電極用の穴は3.5mmΦなので、1.6mmが3本入ります。
実質断面積は、6sq。
これだけ有ればなんとかなると思うのですが、コンデンサの耐圧が16Vなので容量が足りるか不安です。

これから、半田付けの点検をして・・・通電になります。

PS.
FETのソース側は足に半田付けする以外手段が無いですが、
ドレイン側配線は追加作業が出来そうです。
ヒートシンクに直接電線を半田付けしようかともくろんでいます。
どうなる事やら。

●2019/01/18 追記
・コメントを頂いたので本文に追記させて頂きます。
○銅バーでFETを挟みドレインとソース足を曲げて半田付け。
 (ユーチューブ参考映像)
 これが一番良いのですが、メンテナンスの関係で諦めました。
 FETが1つでもパンクすると、全バラしないと交換出来ないです。
 素人が感だけで組み上げていますので、FETのパンク交換を前提に考えています。
 基板なら電動スッポンを利用すればメンテ出来ます。
・本音、銅板より電線の方が加工が楽なんです。(^_^)
○FETのドライブについて
・ミラー電流を中和するまでVDSが下がりきらないので、FETにパワーを消費されてしまう
 とのアドバイスをs.kato様から頂いています。
・今回は、FETのゲートドライブICを利用してゲートにパワーを供給しています。
 ゲート保護抵抗を少ない値にしていますので、多めのゲートドライブ電流を確保出来ると思っています。
・ミラー電流とVDS等については東芝の資料が解りやすいです。
 東芝:MOSFETゲート駆動回路(https://toshiba.semicon-storage.com/info/docget.jsp?did=59459)
○回路図について
 回路図は、うまく動いたら公開します。
 失敗したらお蔵入りになります。 hi

溶接機

 写真を追加しました。
・真ん中でおやすみなさいしている電線は、GNDラインです。
 これは、溶接用コンデンサを増設する折りに使用します。
 とりあえず使用しないので、熱収縮チューブで保護して有ります。
・右に二つある端子は、溶接電極への端子です。(R5.5−5)
 1.6mmΦ3本=6sqなので、R8−5を準備していたのですが、
 ギリギリR5.5に挿入出来たのでそれを使いました。
・溶接用電極配線の裸部分、熱収縮チューブを忘れました。(;_;)
 圧着端子のやり直しは電線の切り詰めが必用なので躊躇中です。
 
コンデンサスポット溶接機の夢! その7 組み立て途中でパターンカット
またまたパターンカット

電源アダプタを抜いた後、溶接機用コンデンサーの電荷を放電する為に「溶接のから打ち」をします。
(しなくても良いけど、自然放電は数時間かかる)
この場合、制御電源の電圧も下がってしまうので制御電源の電圧を下げない為のダイオードを追加する事にしました。
またまたパターンカットです。
黒がパターンカットした部分・・・レジスト塗布を予定。
赤が、レジストを除去してハンダメッキした部分・・・ここにダイオードを付けます。
ハンダメッキ迄は進んだのですが、カットした部分のレジストが出来ない。
紫外線ランプが無いので晴天の日中でないと「UV硬化レジスト」が使えないんです。(現在 01:30 太陽光は無理 hi)
てなわけで、レジスト塗布とダイオードの追加作業は夜が明けてから。
パターンカットだらけの基板になってます。 (;_;)

●2019/01/14 追記1
・パターンカットした部分にレジストを塗り、只今日光浴中。(UV浴)

●2019/01/14 追記2

日光浴完了 一部レジスト濡れて居なかった所が有るけど、見なかったことにhi

 パターンをカットした所にレジスト塗布、日光浴完了しました。
 写真を見ると、カッターの跡にレジストが塗布されていないけど「見なかったことに」します。hi

●2019/01/14 追記3

ダイオードと抵抗を追加しました

 ダイオードと抵抗をカットしたパターン面に追加しました。
 パターンカットと部品追加がこれで終われば良いのですが・・・

●蛇足
・FusionPCBの1ヶ月限定OCS配送$9.9ですが、アンケートを実施している様です。
 アンケートが集まれば、期間を延長するとの事。
 今後PCBの作成を予定している方は、アンケートに答えるのも良いかもです。(私はアンケートしました)
 尚、氏名等の個人情報は求められないです。(IPアドレスは登録していると思います)
 FusionPCBトップページ(日本語)

1ヶ月限定

お願い
延長します

コンデンサスポット溶接機の夢! その6 組立中
予備ランドは、スコッチ69番でマスキング

○予備FETと、ゲートドライブ用ICのランドは、スコッチのガラスクロステープ#69でマスキング。

組み立て途中のテスト状況

○パワーMOSを10個迄付けられるパターンで発注したけど、とりあえずは2個。
○ケミコンを取り付ける直前のテスト。
 フートスイッチをON/OFFしての動作確認。
○右下で光っているのは抵抗入LED。(便利です)
×シルクミスがまた見つかってしまった。
 右下隅、12Vのテストポイントを10Vと書いた。 (;_;)
 カッターでコリコリとして0を薄くして誤魔化しています。
×ブリントバターン発注時にメインコンデンサのブリーダー抵抗を忘れた。
 基板のハンダ面に2kΩを何個か取り付ける予定にしています。
×電源LED、緑なんだけど殆ど光ってない。(基板右側中央部大きなSiDIの右が電源LEDです)
 安物は2mA位じゃダメみたいです。(超高輝度品だと2mAで充分なんだけど)
 ブリーダー代わりにもなるので、LEDの電流制限抵抗を5kΩ=>2kΩにして電流を増やす予定です。
 2019/01/14 追記 2kΩにしても暗い・・・安物はダメです。
コンデンサスポット溶接機の夢! その5 パターンカット
レジスト塗布

ミスしたパターンをカットして、レジストを塗布しました。(白矢印)
レジストは、マスキングテープで養生して爪楊枝塗布です。
パターンと回路図の再確認をしてから半田付け作業になりますが、寒さに負けていつになる事やらhi

パターンカット直後の状況へのリンク(白矢印)

蛇足
昨年アマゾンで購入した紫外線硬化レジストを使ったのですが、太陽光での硬化時間が解らず。
 窓際放置1時間hi
 無事固まりました。
コンデンサスポット溶接機の夢! その4 届きました
スポット溶接機用のプリント基板が届きました

本日配達記録郵便で届きました。
早速赤線部分のパターンカットが待ってます。 <= ドジ

PS.
注文したのが、昨年の12月24日、本日届いたので配達迄17日間でした。
正月休みを挟んでいる割に早かったかなと・・・

PS2.
先程FusionPCBのサイトを見たら、$7.9基板セールの配達にOCS(ANA系)も選べる様になったみたいです。
$2の差額で早いなら、ずいぶん便利になります。 (^_^)

OCSが選べるようになった様です

●2019/01/12 追記
 OCS配送$9.9は、一ヶ月限定の様です。

1ヶ月限定
コンデンサスポット溶接機の夢! その3
日本郵便のサイトで追跡出来る様になりました。

オーダーしたプリント基板、日本郵便のサイトでも追跡出来る様になりました。 (^_^)
これで一安心です。

元記事1
元記事2



●2019/01/09 追記
 通関中の様です。

通関中の様です

●2019/01/10 追記
 今日配達になる様です。

今日、配達になる様です
コンデンサスポット溶接機の夢! その2 (2019)


年が変わったので、新記事にしました。

FusionPCBの記録を見ると、倉庫から出たみたい。
(2018/12/31〜2019/01/06は、倉庫がお休みの筈なんだけど、「FusionPCBの倉庫移転メッセージ」)
マア、のんびり待つしか無いですね。
到着したらパターンカットが待ってますが・・パターンをミスしたので (;_;)

FusionPCBのトラッキング
2018-12-31 06:49:14Shipment arrived at facility and measured
2018-12-31 06:49:14Fpx pciked up shipment.
2018-12-29 15:49:35Parcel information received


●2019/01/02 追記
 ミスじゃ無いんですが、ダイオードを追加した方が良さそうなので・・・(動作安定性向上を期待して?)
 パターンカット・レジスト除去・ハンダ面ダイオード取り付け・・・ちと面倒な追加部品になりそうです。
 ハンダ面に部品を付けたら、先日購入したレジストが活躍するかな?

●2019/01/05 追記・訂正
やっとシンガポールポストも追跡出来る様になりました。(17Track)
2019-01-03 00:00 Information Received (This is not an acknowledgment of the physical receipt of the stated Registered Article)

●2019/01/06 追記
AfterShipで見ると、日本向けに発送されたみたいです。
In Transit
Jan 06, 2019 12:00 am Despatched to overseas (Country code: JP) For more information on tracking, click here Singapore Post
Jan 03, 2019 12:00 am Information Received – Item En Route to Postal Facility Singapore Post


●2019/01/06 追記の蛇足
昨年AliExpressで購入したピンセットは、
追跡状態が静止したまま年を越しました。 (;_;)
コンデンサスポット溶接機の夢! その2


画像は前回作成したミニ溶接機

前記事で記載したスポット溶接機
 オーダーしたプリント基板が届かないうちにミスを見つけてしまった。 (;_;)
 シルクレイヤーのミスななので動作に問題無いのが救い。 (^_^)
 部品を実装すれば見えなくなるし・・・hi

●予定の溶接機がコンデンサに蓄えるエネルギー
・前回 電源電圧:24V, コンデンサ:5600μF 50V × 5個
 1/2*(C*V)≒ 8J
・今回 電源電圧:12V, コンデンサ:8300μF 16V × 12個
 1/2*(C*V)≒ 7J

●今回の欠点
 コンデンサを倍以上にしたのですが、電圧が低いのでエネルギーが小さいです。
 溶接機の内部抵抗を少なくして、溶接時のピーク電流を増やす事を期待しています。

●目標
・基板一枚で完結したい。
・今回の溶接機1個で、ニッケルタブ板(0.1mm厚)の溶接をしたい。
 前回の溶接機1個ではステンレス薄板(0.1mm厚)の溶接が限界だった。
 前回の溶接機を10個パラにしてタブ板等の溶接に使用中です。

●2018/12/30 追記
 昨晩、パターンミスを見つけてしまった。 (;_;)
 パターンカットだけで、何とかなりそう。(先日購入した超音波カッターで試して見ます)
 充分確認したつもりなんだけど、発注後に気がつくと言うドジ。
 ちなみに、この基板は昨日発送された様です。
 深浅→香港→新嘉坡(新加坡)→(もしかすると深浅経由)→成田→川崎東局(通関)→到着・・1月中旬かな?
 (通りすがり様にコメントを頂き、訂正しました。有り難うございました)
・配送について
 11月発注時は、RxxxxxxSG 新嘉坡国際書留
 今回は、LxxxxxxSG 新嘉坡特定記録
 配送の質が下がってる・・・コストダウンかな?

●2018/12/31 追記
 発送したとの事だが、未だにFusionPCBの倉庫の中みたいです。 (;_;)
 荷物の事務手続きが出来ただけみたい。
 2018-12-29 15:49:35Parcel information received
 2018-12-29 17:36:40ご注文は出荷されました。すぐに配送状況を更新いたします。

 そして、FusionPCBの倉庫は今日からお休み。
 再開は、2019/01/07との事です。(;_;)
 到着は、早くても1月下旬になりそうです。