Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES
RECENT COMMENT
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    SYSOP (07/18)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    ももも (07/18)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    SYSOP (07/18)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    ももも (07/18)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    SYSOP (07/17)
  • 懲りずに、コンデンサスポット溶接機の電極棒作成 その2
    ももも (07/16)
  • ミニミニ コンデンサ スポット溶接機試作中 メモ
    SYSOP (05/27)
  • ミニミニ コンデンサ スポット溶接機試作中 メモ
    さるる (05/27)
  • ミニミニ コンデンサ スポット溶接機試作中 メモ
    SYSOP (05/26)
  • ミニミニ コンデンサ スポット溶接機試作中 メモ
    SYSOP (05/26)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
古いプラットフォームのガイダンス
MS社からのDLも???

ネットを徘徊していて、マイクロソフト古いプラットフォームのガイダンスなる物を見つけました。
これによると、サポート終了したOS(WinXp等)のUpdateパッチ一覧が解ります。
WindowsXpのパッチが2017年迄更新されていたのにはビックリしました。

WindowsXp/Vista等の古いOSをご利用の方は御一読される事をお勧めします。
なお、同ページからのリンクは一部が切れている様です。
Microsoft Update カタログに番号を入れて検索して下さい。
なお、検索が見つからない場合は、番号の前に"KB"をつけるとヒットする様です。(例:KB958644)

上の画像は、「Microsoft Update カタログ」からのDL時にウィルスの危険を表示する
お馬鹿なセキュリティソフト・・解除しながら使うのは面倒でした。
懲りたので、マカフィーは期限が来たら乗り換えますhi

蛇足:マカフィー
プリント基板パターン制作ソフトPCBEの実行ファイル(PcbEstimate.exe)をウィルスと誤認して
使用者のOKも取らずに勝手に削除すると言う馬鹿もやるし。
困ったもんです。 > マカフィー
Windows Xp SP3 を TLS1.2 に対応させる
HAMLOG USERLIST Get's OK

WindowsXP:ハムログ上のユーザーリストGet’sでDL成功しました。

。廝蕋遑筍錚s Xp SP3を TLS1.2 に対応させます。
 お礼:TLS1.2の対応は、創造の柱様、黒翼猫様のサイトを参考にさせて頂きました。 (2020/08/04確認)
 次の5ファイルが必要です。
 ・wlupdate v1.4 (黒翼猫様のサイト2020年03月23日からDLして下さい)
 ・tls12.bat (創造の柱様のサイト2018年06月17日からDLして下さい)
 ・WindowsXP-KB2584577-v0.4-x86-JPN.wlu (黒翼猫様のサイト2012年09月07日からDLして下さい)
  バージョン注意:現行TLS12.BATは、v0.4が必要です。
  将来TLS12.BATが変更になった場合は、その指示に合わせて下さい。
 ・KB4493435 (MS社カタログへ直リンク)
 ・KB4019276 (MS社カタログへ直リンク)
・DL後の手順は以下のとおりです。
 a.ウイルス検出ソフトで検査
 b.TLS12.BAT実行
 c.パソコン再起動
 d.IEのツール、インターネットオプションでTLS1.2のチェックをONにします。

これでHAMLOG V5.30 でユーザーリストGet’sがOKなら以下の↓は不要です

認証COMODO

TLS1.2の適用だけで認証された場合、COMODOとなってました。
(AVASTを一時停止して認証サイトを確認)



ここから下は、,世韻任魯罅璽供璽螢好硲韮紕堯韮鵑NGな方用です。 _

Windows10のルート証明書を、WindowsXpに入れる必要が有ります。
(Windows7や8.1の証明書でもOKの筈ですが、当方は10で検証を行いました)

■廝蕋遑筍錚s10からルート証明書をエクスポートします。
(△歪絞犬覆里如⇔佻箸念呂い泙靴)


未確認:簡単なエクスポート方法
以下の方法でも証明書のエクスポートが可能な様です。
私のWindowsXPはすべて処理済みなのでエクスポートしたルート証明書が適用出来るかチェック出来ません。
この方法は簡単ですが、エクスポートは各自の判断でお願いします。
IE 11 起動 (Win10等の現行OS)
▲帖璽
インターネットオプション
ぅ灰鵐謄鵐(タブ)
ゾ斂製
信頼されたルート証明機関
Д侫譽鵐疋衞召Sectigoが含まれる証明書を選択
 (ユーザーリストのサイトは、Sectigo のルート証明書です)
┘┘スポート
証明書のエクスポートウイザードの開始:次へ
以後は、指示に従って証明書をファイルに保存します。


ルート証明書のエクスポート。(動作確認済)
Windows10からルート証明書を書き出す手順です。

1 MMCの実行

検索窓にMMCと入力し、MMCを起動します。

2 ファイル、スナップインの追加と削除

.侫.ぅ
▲好淵奪廛ぅ鵑猟媛辰蛤鐔

6 証明書・追加・OK

‐斂製
追加
OK

4 コンピューターアカウント、次へ

.灰鵐團紂璽拭璽▲ウント、
⊆,悄

5 ローカルコンピューターを確認して完了

.蹇璽ルコンピューター
完了

7 コンソールルート・証明書・信頼されたルート・証明書

.灰鵐宗璽襯襦璽
⊂斂製(ローカルコンピューター)
信頼されたルート証明機関
ぞ斂製

8 フレンドリ名でソートし、Sectigoの付く証明書を選択

.侫譽鵐疋衞召琶造拌悗
Sectigoの付く証明書を選択 (ユーザーリストのHP証明書は、Sectigo です。下図参照。)

このルート証明書エクスポートします
ユーザーリストのホームページのルート証明書を確認。


9 右クリックし、すべてのタスク・エクスポート

〜択したSectigo一式の所を右クリック
△垢戮討離織好・エクスポート

10 証明書のエクスポートウイザード 次へ

‐斂製颪離┘スポートウイザード
⊆,

11 ファイル名をセットして、次へ

.襦璽半斂製颪鯤歛犬垢ファイル名.pfxをセットして
⊆,

12 確認して・次へ

ヽ稜Г靴
⊆,

13 パスワードをセットして・次へ

,好みのパスワードをセット(忘れないでね)
⊆,

14 終わったら・完了

終わったら完了をクリック。

15 これが出たら成功

これが出たら成功!!

16 ルート証明書完成

ルート証明書完成しました。 (^_^)


WindowsXpにルート証明書を適用(インポート)します。
 私は、証明書.PFXをWindowsXp上、マウスでポチしました・・それでOKです。



・もろもろ

ルート証明書インポート後
 (Windows Xp)
ルート証明書をインポートした後のWindwosXpです。
ユーザーリストの登録サイトを見ると、ウィルス検出ソフトAvast(無料版)が出てきます。hi

AVASTのシールドを一時停止して・・
(Windows Xp)
Avastを10分間停止してみました。
本来の証明書サイト(Sctigo)が確認出来ます。



・私の環境では、HAMLOGのユーザーリストGet’sが使える様になりました。
・WinXpテスト環境が複数有るので試したところ、
 No1. のTLS1.2対応化だけでOK。ユーザーリストGet’sが利用出来ました。
 No2. のTLS1.2対応化だけでOK。ユーザーリストGet’sが利用出来ました。
 NO3.´↓ の対応が必要。(ユーザーリストGet’sの利用にはルート証明書の追加が必要でした)

お礼:次のHPを参考にさせて頂きました。
 MMCで証明書スナップインを追加する方法へのリンク。
 Windows環境で証明書をエクスポートする方法へのリンク。
 Windows環境で証明書をインポートする方法
Windows Vista を TLS1.2 に対応させる
路肩の花

ハムログのユーザーリストサーバーがセキュリティ向上の為、TLS1.2のセキュアサイトに移転しました。
その為、古いOSではユーザーリストGet’sが利用出来なくなりました。
また、ホームページからのダウンロードにも支障が出ます。

Vistaは、WindowsUpdateでルート証明書が更新されています。
以下の方法で改善出来るかもしれません。
注意:セキュリティ上古いOSを使い続けるのはお勧めしません。

以下は、私の環境で動作したとの報告です。
皆様の環境で希望する結果が得られない場合、OSのトラブルが発生した場合でも責任は持てません。
自己責任で作業してください。
32bit版WindowsVistaで説明しています。
64bit版をお使いの方はそれに対応する処理をしてください。

Microsoft Updateカタログページを開く
KB4056564 x86 2018-05 2008
 を検索する。
 上記,離螢鵐をクリックした方は、検索結果が表示されます。
2018-05 x86 ベース システム用 Windows Server 2008 のセキュリティ更新プログラム (KB4056564)
 をダウンロードする。
 必要に応じてウィルス検出ソフトで検査してください。
ぅぅ鵐好函璽襦
ゥ譽献好肇蠅鬘殴所削除する。
・HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Internet Explorer¥AdvancedOptions¥CRYPTO¥TLS1.1
 OSVersion キー削除
・HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Internet Explorer¥AdvancedOptions¥CRYPTO¥TLS1.2
 OSVersion キー削除
 A.レジストリエディタに慣れない方は、以下を viatatls12.reg と言うファイル名で保存。
  右クリックし、デスクトップ等わかりやすい所に保存
  ダウンロード後、ウイルスのチェックを忘れずに!
 B.そのviatatls12.regをダブルクリックしてください。
 注意:このレジストリファイルは後日削除します。
    リンク切れが有りましたら、ご了承ください。
 お詫び:タイプミスで変なファイル名になってます。(;_;)

Γ稗鼎離プションでTLS1.1とTLS1.2を有効にする。

上記作業で、
浜田氏の新サイト(TLS1.2)にアクセス出来る様になります。
・ハムログのユーザーリストGet’sが利用出来るようになります。
・これらの作業でYahoo等のTLS1.2必須サイトに接続出来る様になりますが、
 IEのバージョンが古い(IE9)為、表示が乱れます。
 プラウザとして常用するのは困難だと思います。

・次のHPを参考にさせて頂きました。有り難うございました。
John T. Haller's Homepage



追記
ルート証明書の関係で上記だけでは、ユーザーリストGet’sが利用出来ない方へ・・
ハムログユーザーリストのhttps://hamlog.sakura.ne.jp/にアクセス出来るかどうかで、原因の切り分けが出来ます。
上記にアクセスして証明書エラーが出る場合は、
こちらをご覧になりルート証明書をセットしてください。
(WindowsXpで説明していますが、Vistaに読み替えてください)


UP−12CでICOMの制御に再チャレンジ
3 UP-12C改でクローン中(^_^)

UP−12CがWindows10で使用出来ることが解ったので、
何かに使いたいhi

そんな訳で、前回失敗したICOMのリグ制御に再チャレンジする事にしました。
失敗画像は、このリンク先の一番下です。

電線をよじって空中配線でテスト中

空中配線で動作テスト中。

UP-12C の各ポート

UP−12Cのポートをは、こうなってます。
調べたのは7年前なので検証出来ません。
またDCDは、7年前も未チェックです。

UP-12C 結線図

IC−726の時は、TXD−RXDを芋つなぎしてデータ線にすれば良かったけど
今回は少してこずってこんな回路に決まりました。 (^_^)
ステレオミニプラグのR端子は、先端では無く真ん中の部分です。
プラグ先端のL端子は、使用しません。(スピーカー線です。制御線を接続しないでください)

・プルアップ抵抗について
 UP−12C内部には、P87C52UBBBと言うICが実装されています。
 カタログによると、最大定格は15mAです。
 (スペックはこちらで確認出来ます。最大定格は、P35参照。)
 …餽海老彁讃紕械械界鍵幣紂(5V÷0.015A、最大定格ぎりぎりで使うのはよろしくないです)
 ■勇古(過大)になるとノイズが乗るので適当な値・・アバウトな選択です。
 と言うわけで手元に有った20kΩ1/6Wを使用しました。

・ダイオードについて
 他の回路に電流が流れるのを防いでいます。(オープンコレクタみたいな動作をさせます)
 ショットキーの方が良さそうですが、手元に無かったので普通の信号用ダイオードです。

ハンダ付けして熱収縮チューブで保護

半田付けして熱収縮チューブで保護。
UP−12Cの中に入れたいので、小さく組みました。

クローン OK

動作確認の為、裸で・・クローンOKでした。
その時のリグの表示は、この記事トップの画像です。

完成しました

上下の蓋をカポッと閉じて完了です。 (^_^)
UP−12CをWindows10で・・
UP−12C 本体上面
UP−12C 本体下面
本体分解

先日OPC−478UC無印をWindwos10での認識に成功したので、
昔購入した、UP−12Cはどうかなとチャレンジ。

UP-12C Windows10 COM-4で認識

最新のドライバを見つけました。 (^_^)
以下、番号順にたどってください。

MCT社トップページ
⊂綯淵瓮縫紂爾らDownload
Please enter keyword(S)欄に U232-P9 と入力してGOをクリック。
ぃ横娃隠糠10月30日の最新ドライバが表示されるのでDownload欄のポチをクリック。
イ翰用中のウイルス対策ソフトで検査。
OPC−478UC無印をWindwos10で使う
1 OPC-478UC ドライバ

ICOMのサイトを確認すると、無印(B無)のWindows10サポートは無いみたい。
アイコム社は、相変わらず塩対応 (;_;)
修理も塩対応:簡単に直るのに「修理不能」として返送された事も。。

2 OPC-478UC ドライバが無いので動かない(;_;)

Windows10にソフトをインストールしてもドライバが無いので動かない。

3 USBコネクタを差し込むとドライバの準備完了表示

無理を承知で、OPC−478UCをUSBに差し込むとドライバ準備完了の表示。
チョットうれしかったのですが・・・

4 設定を開くとドライバエラー(;_;)

設定を開くとエラーの表示・・(;_;)



●ここからドライバのインストールチャレンジ。

5 デバイスマネージャーでドライバを選択し・・

デバイスマネージャー画面を開き、OPC−478UCのドライバを選択。

6 コンピューターを参照して・・

コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索(R)

7 コンピューター上の利用可能な・・

コンビューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択(L)

8 互換性のチェック外して、Microsoft USBシリアルデバイス

仝澳浩の有るハードウェアを表示・・チェックを外す
■唯蕋磽鬘錚鵤錚罍瑤離妊丱ぅ垢鯀択
USBシリアルデバイスを選択
ぜ,悄ΑΔ妊疋薀ぅ个離ぅ鵐好函璽觴孫

9 ドライバ正常に動作してます

デバイスドライバーは、ちゃんとCOM3にインストールされました。

10 クローニングも成功です(^_^)

クローニング成功です。 (^_^)

お礼:Logfile様のブログを参考にさせて頂きました。
変換基板をちょっと工夫
ステンレス薄板を加工して

前記事で「下プレート延長、自作の検討中」と記載したのですが、やっと実現しました。

アルミ板を使いたかったのですが手元に無くて、ステンレスの薄板を使いました。
ステンレスは固いので加工しにくく、苦労しました。 hi
加工と言っても、L型に曲げてドリルで穴を開けただけですが・・・

裏面

裏面はこんなんです。
不細工ですが、、、hi



追記
 手持ちのステンレス板、0.3mm厚でした。
 固いので加工は大変でしたが、出来上がってみると「ベナベナ」。 (;_;)
 もう少し厚みの有る材料を利用したほうが良さそうです。
パソコン更新中 その13 パイロットランプが無い
USB電圧計

DELLのノートパソコン、電源の表示ランプが一切無い。
液晶のバックライトが滅灯している時、電源が切れているのか入っているのか不明??
ランプが無いので状態不明の記事
とても不便なので、USB電圧計をつけて一時しのぎをする事にしました。
スリープ中でも、電圧計が光るのでFBです。

電源ランプケチるなよ! > DELL



先日気がついたドジ
OutlookがOUTLOOOK
各種設定後によく見たらが一文字多い。 (;_;)
(Outlook => OUTLOOOK)
ファイル名をリネームすれば良いと言うわけでは無いので、見なかったことにします。hi

20020年のパソコン移行関連記事
ニンテンドーゲームボーイの修理
GAME BOY ゴム交換

今年初めに交換したばかりなのに、ボタンのゴムがダメにになったので交換。
古い在庫のパーツだと交換しても寿命に影響が出るみたいです。
サイバーリンク社のサーバーは「ダイアルアップ?」
サイバーリンク社のサーバーはダイヤルアップ接続かな?

BuffaloのBRドライブ関連ソフトのアップデータDL中。
それにしても、速度が遅い!

サイバーリンク社サーバーエンストしたか?

そうこうしているうちに、止ってしまった。
サーバーダウン???

サイバーリンク社サーバー動き出したけど・・?

ここまで速度が落ちると、もう無理。
殆ど完了しているんだけど、今日中に終りそうも無いのでDL諦めました。