Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES
RECENT COMMENT
  • アマゾンを語る詐欺
    SYSOP (08/21)
  • アマゾンを語る詐欺
    JE1CVL (08/21)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (07/31)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    SYSOP (07/29)
  • 奥日光に行きました
    SYSOP (07/29)
  • SAIのエンジン無償修理その2
    Neo (07/29)
  • 奥日光に行きました
    Neo (07/26)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
IFC−PCI7ESAU2の中古品を購入しました その2
IFC-PCI7ESAU2の中古品を購入しました その2

前回に引き続きIFC−PCI7ESAU2の中古品を購入しました。
早速BIOSの書き換えですが、前回で懲りているので真っ先にブラケットを外して作業 (^_^)
完了後、PC−9821でWindows2000の起動を確認しました。

元記事へのリンク
保守用で保管していたPC−98の電源テスト
1-スペアとして保管している98用の電源を確認

保管していた電源、状態が気になったので先日購入したPC電圧テスターで測定しました。
PC−98用の電源は12Vが一系統しか無いので、PC電圧テスターの警告音がピーピーと五月蠅いです。hi

2-12Vが電圧不足?

測定電圧を確認すると、+12Vが11Vしか有りません。
+12V系の定格電圧は±5%の筈なので許容範囲を超えてます。
電源の古いコンデンサが劣化したのかと心配に・・・

3-負荷としてHDDを5つ接続

HDDを5台、マザーボード代わりの負荷です。(3.3V負荷はかけられないけど)

4-負荷を掛けたら12Vが定格範囲に収まりました

負荷時の電圧は規格範囲。 (^_^)
保守用としてしばらく使えそうです。

ちなみに、電源はDELTA社製。200Wの小容量品です。

5-電源に貼られていたラベルです
PL−Pro2のケミコン交換作業 第三弾 修理完了
修理完了したPL-Pro2の電圧測定中

先日のコンデンサ交換作業で壊れたPL−Pro2、多段下駄をバラして修理完了。

1.下駄をバラしてPL−Pro2の様子を調査。
2.VCore電圧が出ていません。(1.3−1.5V位の筈)
  調べるとVCoreがアースとショートしてます。
3.MOS−FETが破損したのかと、取り外して調べたら正常。
4.先日交換したコンデンサを外したら、ショートしていない状態になりました。
  コンデンサの短絡かと調べたら、こちらも正常。
5.てなわけで、全部正常・・・再組み立て。
6.組み立て終わって、電圧測ると1.3V (^_^)

PL-Pro2 PL-370T Celeron1400 を組み立てた下駄を PC-9821Ra20 にセット

7.多段下駄を組み

動いた(^_^) 成功!

8.パソコンにセットすると正常動作。

故障時と全く同じなんだけど、ハテ?何でだろう・・と思いつつも結果オーライでhi
原因は不明ですが、目で見えない様なハンダブリッジが有ったのかもしれません。
お粗末な結果ですが、直ったので (^_^)
PL−Pro2のケミコン交換作業 第三弾 結末(;_;)
コンデンサ交換失敗

コンデンサを交換してパソコンに差し込んでもピポしない?
テスターで測ったら、CPUに電圧が供給されていない・・1.4Vの筈がゼロV。

考察
.好襦璽曄璽詁發離魯鵐世鯣瓦時に、多層基板の中層を痛めた
▲魯鵐瀬屮螢奪検ΑΑι死に見たけどOK(老眼なので厳しいかも)
MOS FETが壊れた・・FET周りはいじってないので可能性小
げ実未鰺いた状態で作業したので、CPUが壊れた。
てなわけで必死に原因探したのですが不明。

,世箸垢襪函∩膿佑砲聾靴靴い任后

只今、テンション猛烈に降下中 (;_;)

記事一覧:PL−Pro2のケミコン交換作業
PL−Pro2のケミコン交換作業 第三弾 コンデンサ取外
コンデンサを外したPL-Pro2

コンデンサの取り外しで難儀しました。
ずいぶん昔に交換したOSコンデンサ、足のピッチが異なるので細工していた為です。

スルーホールのハンダ、上手に取れました

スルーホール内のハンダを綺麗に除去しました。
電動スッポンを使っても、なか大変だったです。 (;_;)

多段下駄を付けたままの手抜き工事は、相変わらずです。hi
PL−Pro2のケミコン交換作業 第三弾 開始
コンデンサ交換、第三弾

かつてOSコンデンサに交換したPL−Pro2のコンデンサを再交換します。
コンデンサの取り付け状態が凄いことになってます。
また、ヒートシンクも増設されています。
我ながら、ずいぶん頑張ったな〜〜〜〜と、感想hi

昔、OSコンデンサに交換たPL-Proです

OSコンデンサは一回りデカいので、基板の外側に出っ張って配置しています。
今考えると、電線の引き回しのインダクタンスによるESRの増加も無視出来ないんではと・・・

PL-Pro2の電源コネクタが焼損したのでハンダ直付けにしています

このPL−Pro2は、当時過激に使っていた為(PL-370/T Ver1 はCPU電圧を下げられない)、電流の負担に耐えられずにコネクタが焼損。
リード線を直ハンダ付けして有ります。hi

本ブログ記事、「PL−Pro2のケミコン交換作業」を検索
PL−Pro2のケミコン交換作業 最終確認 その2
CrystalDiskMark

前回のベンチマークが余りにもお粗末だったので、SSDで再ベンチしてみました。

・PC−9821Ra20 (前回は、RV20)
・SSD SanDisk Z400s 32GB
・スペックは下画像。

SanDiskカタログ値

読み書き共に、スペックからずいぶん乖離していますがPC−98の能力ではこの程度が限界かなと?
(CHANPON3 LVD-SCSI は読書共に100MBを超えるのですが、程度の良い小容量160SCSI-HDDは手に入らないです)

なお、SATAでは、CPUの負担が減る様です・・下画像。(標準IDEと比較して)

CPU

この程度のCPU占有率なら、何とか使えるかな?
PL−Pro2のケミコン交換作業 最終確認
CPUの確認

ケミコンを交換したので、最終確認をしました。(未交換のPL-Pro2が2個有るけど・・)
PC−9821Rv20、CPUは一つだけ搭載。(セレロンにするとDualに出来ないので)
プロパティを見るとCPUは、セレロン1400。 (^_^)
システムクロックが66MHzなので、実質 1400×(66/100) で動いてます。

CrystalDiskMark遅すぎるので中止した

IDEに繋いだ4.3GBと言う何とも古いHDDのベンチマーク。
(せっかく付けたSATAを使わずにIDEで)
あまりにも遅い・・時間が掛かるので途中で中断しました。

CrystalDiskMarkでもCPUが限界

HDDベンチマーク中のCPU利用率100% !
CPUのベンチじゃ無いよ。
この状態でも、CPUのヒートシンクはほぼ常温。
周囲のコンデンサも常温。
2個有るFETのうち、CPUに近い側のFETが室温より微妙に暖かくなった。

これなら使えそうです・・・CPUが遅いことを我慢すればhi
PL−Pro2のケミコン交換作業 後始末
交換作業中の PL-370/T V2.1

PL−Pro2のケミコン交換を2回行ったのですが、
 第一弾
 第二弾

‖莪戝討諒は電源を入れると自動的にピポるが、第二弾はリセットスイッチが必用。
第一弾はコンデンサが冷えているが、第二弾のは微妙に暖かい。

で、調査した所

PL-370/T V1.0

第一弾に使われていたPL−370/TがV2.0 (画像無)
第二弾に使われていたPL−370/TがV1.0 (上写真)
と判明。

,慮彊もバージョン違いかな?
△慮彊はCPUの電圧らしい・・(V1:CPU電圧調整不可、V2:CPU電圧を下げられる)

と言うわけで、第二弾を予備のPL−370/T V2.1に交換する事にした次第。
ソケット370の交換は、老眼者に取って地獄 (;_;)
何とか交換完了。(CPU電圧1.4Vにセット)

,蓮解決せず。電源ONでピポりませんでした。
△蓮改善したみたいです。(短時間なので正確には?)

と言う顛末でした。

先頭の写真は、交換作業中のPL−370/T V2.1です。

ジャンパー7−8は、オープンにしちゃったけど、これでいいのかな?
PC−98君は、クロック66MHzで変更出来ないから問題無いと思うけど?
参考 PL−370/T V2 のジャンパー設定
PL−Pro2のケミコン交換作業 第二弾 完了
301

電動スッポンの温度設定を400度から450度にしたら10分で作業完了しました。

前回は電動スッポンを使って抜くのに苦労したコンデンサ。
スッポンの温度設定を400度=>450度にしたら10分で引抜作業を完了しました。
温度を上げたので、ランドの剥離が心配でしたが、大丈夫でした。 (^_^)

第二弾完成しました

コンデンサの取り付けは、ハンダゴテの設定温度を350度=>370度に上げて取り付けました。
コテ先の小さなハンダゴテなので、結構手間取りました。
400度程度迄上げても良かったかもしれません。

無事完成して試運転・・
DOS/Win2k共にOKで終了です。

あと2つPL−Pro2が有るんですが、いつになる事やらhi