Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES
RECENT COMMENT
  • パソコンを買い換えた場合のハムログデータの移行について
    SYSOP (10/08)
  • パソコンを買い換えた場合のハムログデータの移行について
    シミズ (10/08)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    SYSOP (09/18)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    かかっくん (09/18)
  • 久しぶりのMOドライブ カチャカチャと不穏な音が
    かかっくん (09/18)
  • アマゾンを語る詐欺
    SYSOP (08/21)
  • アマゾンを語る詐欺
    JE1CVL (08/21)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    油断大切 (08/03)
  • KENWOOD/ICOM用の電源ケーブルを作成しました
    SYSOP (08/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
JLCPCBから届いたプリント基板 再確認
ルーホールは綺麗てす

先日JLCPCBから届いたブリント基板の再確認。
スルーホールは綺麗ですが、今ひとつシルクがにじんでいる様な・・

シルクの潰れ

FETのGDSの文字が潰れています。

なお、POWER−FETの外形線が曲っていますが、発注したガーバーは真っ直ぐ。
シルクの精度は、う〜〜〜んです。

「重箱の隅」目線で見たのですが、趣味で作成するならこの程度で十分かと思います。
シルク以外に気になる点は無いので、コスパ十分です。 (^_^)

到着記事
確認記事
JLCPCBから届いたプリント基板
シルク・取付け穴 左JLC 右Fusion

未だ作業に入っていないので、出来については不明ですが、とりあえず見栄えについて。
左がJLCPCBの基板のネジ止め用の穴とシルク印刷、右がFusionPCB。
レジストの色は、JLCPCBが派手目、FusionPCBが地味目。
実物は、一目で色の差が解ります。
私は、FusionPCBの地味な色の方が好きです。

シルク印刷はJLCPCBが濃く真っ白に出ています。
FusionPCBのシルクは薄く、細かい文字は少しに見にくいです。
私は、JLCPCBの方が好みかな!

スルーホールトップレイヤー

スルーホールのトップレイヤー。

スルーホールボトムレイヤー

スルーホールのボトムレイヤー。
半田メッキが盛上がっています。hi

まだ検品していないので、基板のキズ等については不明。
のんびりと確認します。

FusionPCBでは、こんなのが有ったので時間の取れる折に慎重に確認します。
LCSCは、未だ発送前・・・遅い!
LCSCは遅いです

LCSCに注文した部品、発送準備も未だ。 (;_;)
発送はいつになるか解らないし、チャイナポストで指定したのでずいぶん時間がかかりそうです。
急ぐパーツじゃないから、いいんだけど・・国慶節の関係か・・でも遅い。 (;_;)

前記事
JLCPCBに注文したプリント基板が届きました
プリント基板配達されました(西濃運輸)

成田まではSF Express(Economy)、配達は西濃運輸でした。
9/28注文
9/29製造完了
9/29集荷
10/7配達
製造が1日間、配送が8日間でした。
送料をケチってエコノミーにしたので、時間がかかりました。hi

封筒の中は、段ボール箱

封筒の中は段ボール箱。
梱包はしっかりしています。 (^_^)

プチプチ。乾燥剤が入ってます

プリント基板は、ブチブチ+乾燥剤。

(蛇足:今は、FusionPCBは乾燥剤省略。昔は、FusionPCBも乾燥剤入ってたんだけど)

せっかく乾燥剤が張っているのに、破けてる。面取りしてあるのは嬉しい。

せっかく乾燥剤入っているけど、プチプチの隅に穴が。 赤矢印
プリント基板の角は面取りしてある。 青矢印

おまけで入っていたバッジ

おまけにこんなバッジが入ってました。hi

ブリント基板の開封は後日。。。

前記事1
前記事2
JLCPCBに注文したプリント基板やっと成田に
SF Economy Express やっと成田まで

前記事で記載したプリント基板、やっと成田まで届いた様です。
国慶節か香港のデモの影響でしょうか?、香港に9月30日に入った荷物が香港を出たのが10月6日。
ジリジリしていたのですが、成田について一安心です。 (^_^)

---

center centre

追跡の記録を見ると center centre 解らないので調べてみると、英国式、米国式のスペルの様子。
英米両方のスペルを混在使用しているのは面白いhi
大陸のショップLCSCに電子部品を注文しました
LCSCに注文しました

到着待ちJLCPCBのプリント基板とお仲間の会社LCSCにパーツを注文して見ました。
基板屋さんのお仲間との事で、FAKE品をつかまされる事は無いだろうと言う安易な気持hi
配達はシンガポールポストなので、届くのは1ヶ月後かな?
のんびり待つ事にします。



中国は、只今連休中!

LCSC will be on holiday for the National Day from Oct. 1st to 3rd.
Orders placed after Sep. 30th 10:00 am will start to ship out from Oct. 4th GMT+8.
JLCPCBにプリント基板を注文しました
JLCPCBにプリント基板を注文しました

前記事に記載したとおり、
JLCPCBのガーバービューアーバグったままなので多少の不安は有るのですが、
物は試しと注文してみました。

JLCPCBへのオーダーは初めてです。
初めてで品質も解らないのに3種類のプリント基板作成を依頼・・・馬鹿だねhi

到着が「楽しみ/不安」です。
24時間製造との事で、10月始めの中国の連休に引っかからないで発送されるかな?

---

追記
先日、V−cutについて問い合せで代金が上がりそうな解答が来たのですが、
追加料金と言われたら、「V−cut部分をシルクスクリーン印刷の白線にしてくれ」と
言うつもりで、V−cut有りのガーバーデーターで発注。
今のところ、追加料金や問い合せ等は特になく、そのまま製造に入りました。 (^_^)
FusionPCBと同様に、同一パターンならV−cut無料の様です。

---

ログインするとリアルタイムで製造状況が見られる

ログインするとリアルタイムでプリント基板の製造状況がわかる。
これって良いですね。 (^_^)



●2019/09/29 追記
6時28分から電気的テスト中
 本日6時28分(中国時間?)からFlying probe test。
 順調に進んでいる様です。 (^_^)
 上記画像はキャプチャーですが、JLCPCBのサイトではFlying probe testの参考映像が表示されます。
 何やってるか解るので面白いhi

●追記
Final inspection
 製造状況が100%になり、表示がFinal inspection。
 Final inspectionとは何かと、映像を見ると「検数/目視検査」・・・梱包直前みたいです。
 明日には出荷されるかな。 (^_^)

●追記
 15:14分、発送したとの連絡が有りました。
 Thank you for your order from JLCPCB. It’s our pleasure serving you.
 We are pleased to inform you that the items listed below have been shipped
 via S.F Express (Economy).
 Tracking Number: SF101xxxxxxxxxx ,
 Use the link below to check the status of your shipment:
 http://www.sf-express.com/us/en/

 追跡したけど、未だ反映されてない。
 集荷は未だみたいです。

●追記
 追跡出来る様になりました。(S.F Express 日本語サイト)
 2019-09-29 日曜日
 21:42:54 転送中 【Shenzhen Huangtian Distribution Center】
 19:52:53 荷物は【Shenzhen Pingdi Service Point】から next stationへ準備運送
 18:46:45 SFエクスプレスが荷物を集荷しました


●2019/10/02 追記
 先月末日迄は、こまめに記録されていた輸送状況。
 10月になってからピタリと止りました。
 運送業界も国慶節でお休み??? (;_;)

追跡がピタリと止りました?
万力を買いました
万力を買いました

プリント基板を作成している時に困るのが、手が足りないこと。
基板+ハンダ+部品+半田鏝
4つを同時に持たないと作業出来ません。

グートの作業台を購入したのですが、残念な商品。 (;_;)
購入当時は、修理して使ってました。
先日購入したgootヘルパーST−93は、ゴミだった その2
結局、パーツをつかむ力が弱い為Gootヘルパーはお蔵入り。

代りに万力を購入した次第。
これならガッチリ固定出来ます。hi

PS.
・万力にMade in JAPAN って書いて有った。
 チョット嬉しいようなhi
・ヨドバシさん配送早い!
 朝方に注文したらその日のうちに商品が届いた。
JLCPCBとFusionPCBのガーバー表示を比べてみた
JLCPCB is NG

3回メールしてるけど、未だにきちんとした返事が無い。
同じガーバーデーターでJLCPCBFusionPCBを比較してみた。
技術力の差が歴然!!!

JLCPCBは、半円がダメみたいです。
半円不可でプリント基板・・・無理だよね〜〜〜!



●2018/09/24 19:30 追記
 やっと解ってくれたみたい。 (^_^)
 JLCPCBのサポートから下記の様な返信が届きました。

  I will provide this problem to our engineer to fix it.

●2019/09/25 追記
 今現在はバグ有りのガーバービューアー、改善されていません。
 ガーバービューアーのバグフィックス、どの程度時間がかかるのか?
 JLCPCBのお手並拝見。
プリント基板
Vカットについて

普段はFusionPCBに注文しているのですが、気まぐれでJLCPCBはどうかなと。。。
FusionPCBでは同一パターンのV−cut無料なのですが、
JLCPCBも同様な記載が有ります。
not incur an additional charge(追加料金は発生しません)

確認の為、上の様な画像を送り問い合せ中です。
どんな返事が来るかな?
高価だったらFusionPCBに頼みますけどhi



●2019/09/20 JLCPCBから返事が来ました。

>2.For the panel board of same designs , there are extra cost for it.
>Our salesman will calculate the extra cost and make supplement for your order .

HPでは無料と書いて有ったけど、有料との事。
聞いてみないと本当のことは判らないね・・特に大陸は・・・

届いたのが、英文を画像で貼付けると言う鬼畜なメール。
グーグル先生で翻訳出来ない (;_;)

英文を手打でテキストにしてから、グーグル先生に翻訳してもらうと、概要は・・
・パネライズすると、10×10cmの特価は適用されない。
 つまり、5ドルで作れない。
・同一形状のパネライズは無料だが、通常価格が適用されるので価格が跳ね上がる。

FusionPCBでは、特価でも同一形状ならパネライズ無料。
なかなか難しい!

●FusionPCB 4.9ドル
一名様5回迄、6回目からは9.9ドルになりますのでご注意!