Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
ENTRIES

RECENT COMMENT
  • HDDの温度上昇対策
    匿名希望 (06/16)
  • HDDの温度上昇
    SYSOP (06/13)
  • HDDの温度上昇
    匿名希望 (06/12)
  • クリックポストで宛先だけ封筒に直接印刷したい メモ
    SYSOP (05/24)
  • クリックポストで宛先だけ封筒に直接印刷したい メモ
    みみどん (05/24)
  • WD社のHDD、たった89時間でイエローフラッグです(;_;)
    SYSOP (05/08)
  • WD社のHDD、たった89時間でイエローフラッグです(;_;)
    かかっくん (05/08)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    7K1CRZ (04/15)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    SYSOP (04/14)
  • KENWOODとAH−3/AH−4のインターフェイス3号機完成しました メモ
    7K1CRZ (04/14)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
SanDiskのSSDをセキュアイレースした メモ
0SanDisk SSD Dashboard TOP
画像クリックで拡大


SanDisk SSD Dashboard の起動画面。

1ツール・Secure Erase と辿るとエラーが出る

・ツール
・セキュアイレース
と、たどるとエラーが出る。
ここで、SanDiskのSSDを引っこ抜いて差し込み・・・ちと怖い。
しかし、どこを探してもドライブ選択の更新ボタンなんて無い!

2ドライブ選択の更新ボタンなんて無いぞ!・・・なんとなくこれかな

丸っこい矢印が有ったので、マウスポインターを乗せると説明が出てきた。
これらしい!!
SanDiskさん、このソフト使いやすさゼロですよ。
きちんと「更新の選択」と表示して下さい。

3やっとセキュアイレースできるようになりました。

丸っこい矢印をクリックしたらセキュアイレース出来る様になりました。

4セキュアイレースの警告

警告が出ます。

5セキュアイレース進行中

セキュアイレース進行中。

6セキュアイレース成功

成功 (^_^)



サンディスクSSDダッシュボードのダウンロードへのリンク

ちなみに、サンディスクSSDツールキットなる物をダウンロードしたけど無意味だった。
ダッシュボードだけ有れば良さそうです。



使用OS:Windows7 Pro 32bit
SSDモード:IDE (AHCIでも出来ると思うけど?)
スマートスイッチに悪戦苦闘中
スマートスイッチに悪戦苦闘中(TL-SG105E)

古い方式だと、WiFiの暗号が盗まれるとのこと。
古いゲーム機も使っているので、WiFiの暗号レベルを変更する訳にもいかず・・
近隣路肩に駐車した車の中からWiFiにアクセスされてはたまりません。
我が家にWiFiの暗号を解読してまで盗む価値の有る情報が有るとは思えませんが。
セキュリティ向上の為、スマートスイッチ(TL−SG105E)でWiFi環境を分ける事にしました。
(本音:理屈を付けて購入しましたが、スマートスイッチで遊びたかっただけです)

購入は、最安のアマゾンさん。

壁に仮付けしたはみたものの・・・

壁に固定しテストパソコンからアクセス。
色々と設定しているのですが、ネットワークの基礎も解らない私にとって、未知の世界。
苦闘中です。

このまま行くと、文鎮になりそうな気配 (;_;)

PS.

現状はこんな感じになってます

現状は、こんな感じになってます。
No1−Lan端子をルーターに繋ぐと、他のLan端子間は隔離されます。
青線が繋がるルート、赤が繋がらないルート。
設定がきちんと保存されているか等の検証中。
うまく行ったら、プロバイダ支給ルーターに接続します。

設定した内容は、下画像の2点と、パスワード。
それ以外はデフォルトです。

スマートスイッチのIPを固定して

スマートスイッチのIPアドレスを固定。

アップリンクポートを1指定

アップリンクポートを1に指定。



我が家のWiFi環境を調べてみた

WPA2になってた

LAN接続のパソコンをWiFiで接続して見たら、WPA2になってた。
最新の暗号化・・スマートスイッチ必要なかったかも。。。
ノートパソコンのSSDを交換しました
ノートパソコンのSSDを交換しました

ノートパソコンのSSDが不安だったので、TLCからMLCに交換しました。

・交換前のSSDは、OCZ製のTLC 480GB。
  (毎日110GB書込で耐久3年 Trion 100シリーズ)

・交換後のSSDは、インテル製のMLC 400GB。
  (毎日4TB書込で耐久5年 Intel 3710シリーズ)

個人使用では毎日4TBの書込は無理なので、どんな使い方をしても大丈夫かなと・・
もっとも、素子の電気的摩耗ではなく故障だと一撃ですがhi

リカバリー中

システムの移行は、Acronis True Image WD Editionを使いました。
パーティションアライメントも1MiB境界に来るのでFBです。
MBR形式でのバックアップと復旧は経験しているのですが、GPTは初めて。
30分で終わる予定が、半日かかりました。 (;_;)


アクロニスでのクローン作業は経験しています。
今回初めてバックアップからのリストアでシステム移行をしました。
インテルのSSDがMBR形式だったので、うまく行かなかったようです。
別のパソコンでGPT形式に変換してからはスムースに進みました。




気になる点が一つ・・・

Intel Dell SSD
画像をクリックして拡大


Intel 3710 の筈ですが、3610と認識されてます。
DellブランドのSSDなので、Intel SSD Toolboxが判断を誤るようです。

Intelのサイトには、訳の分からない日本語でその旨記載されています。
ちなみにSSDのファームは現時点で最新ですが、DELLサーバーを持って無いので今後のupdateで更新する事は出来ません。
(updaterがDELLサーバーチェックをしているので、DELLの指定機種以外で使えない)

インテルの訳の分からないメッセージ
OEM 版は、お使いの Intel® SSD を購入された場合、ファームウェアのバージョンがある可能性がありの異なる命名します。
ファームウェアの最新版、 OEM の担当者までお問い合わせください。

インテルは日本法人もある筈なのですが、仕事をしていないのかな。
Windows98のFdisk 古かった
Windows98 古いFdisk

SSDをメンテする必用からUSBに入れたWindows98のDOSモードを起動。
FDISKを実行・・・おかしい???

64G超えの差分を入れて有る筈なのに表示がハテナ???

USBメモリのFDISKのタイムスタンプを見ると99年。
64G超えOKなのは、2000年以降のFDISK。
どこかで、古いのが混ざった模様。 (;_;)

早速MS社からDL

見たら、新モデルのFDISKではなく、更新パッケージ。
となると、Windows98が無いと新FDISKが手に入りません。
Windows98なんて使ってないよ!!(DOSモードは愛用中ですが)
やむを得ず、予備HDDにWindows98をリカバリーして、Update。

Windows98 Update済Fdisk

新FDISK/2000年バージョンを入手しました。
この苦労に懲りたので、手持ちのWin98起動FDを全て見直す事に・・・
しかし、起動FDに入っているFDISKは、み〜〜〜んな2000年バージョン。

くたびれただけ、お粗末様でした。 (;_;)
ハードディスクがロックされてしまった メモ
ハートディスクがロックされてしまった

「パソコン起動時に、ハードディスクのパスワード入れろ」
こんなの初めて。
少し慌てたのですが、パスワードで文字や記号を入力した記憶はないのでNULL(何も入力しない)でリターン。
無事にOSが起動しました。

しかし・・・起動する度にこれは・・・。
そして、他のパソコンで使えないし。(文言修正。SRI>Intelさん)

これは、面倒だし困った。

困ったときの神頼み=>「HDAT2」

02 HDAT2を見ると「SECRUITY」の文字が!!!

起動してハードディスク選択のメニューを見ると「」が
下の方の説明を見ると「!=セキュリティ有効」!!

03 Security menu

セキュリティメニューに入り。

04 Unlock device

デバイスをアンロックします。
パスワードは「空欄」と分かっているので容易。

09 Command completed successfully. (^_^)

めでたく成功しました。 (^_^)

HDDのパスワードが解かったから良かったですが、解らなくなったら悲惨ですね。
初期化も出来ないので、燃えないゴミ。
中のデーターはどうなるのか???



HDAT2の入手は、以下の記事を参考にして下さい。
オーバープロビジョニングを設定しました
Windows2000とのマルチブートは無理みたい
路肩の花

先日の記事「Windows10でパーティション割当を逆にしてみた」で、Windows2000,Xp,10のトリプルブートをしていましたがトラブル発生。

・Windows2000が起動しなくなったんです。
 NTFSの形式がWindows2000は古いようです。(NTFS 3.0)
 Windows10起動時に、NTFSをupdateした様です(NTFS 3.1)・・・ありがた迷惑
 新形式のNTFSに対応しないWindows2000が起動しなくなった模様。

・Windows2000をリカバリーしてから起動すると起動途中で有無を言わさずCHKDSK開始
 「Windows10パーティションのファイルシステムが壊れている」とメッセージ
 Windows2000から見たWindows10のファイルシステムは未知。
 壊れていると判断して本気で直()した (;_;)

 で。。。今度はWindows10が起動しなくなり。。。ギブアップ


結局
・Windows2000のSSD
・WindowsXp,10のSSD
と二つにする事になりました。

トリプルブート失敗・・・お粗末様でした。
訳あってWindowsMEをインストール 涙!
WindowsMe

事情が有りWindowsMEを使用する必用が出ました。

かつてインストールしたHDDに入れ替えたのですが、起動しない(;_;)
ではと、バックアップからリストアしたのですが、それもダメ。

やむを得ず、再インストールしたのですが、、、

SafeMode起動直後に再起動・・・繰り返し(;_;)

セーフモードの起動迄!
通常モードで起動出来ません。

かつてWindowsMEで使用していたパソコンなので、ドライバも問題無い筈なのですが、、、

変更した点は、メモリを増設した位(750M=>1G)???
いつぞや、メモリを増設したらWindows98の起動フロッピーが異常になった悪夢を思い出しました。
メモリを減らすのも癪だし・・・

どうやらVGAドライバが悪さをしているらしい。

犯人はVGAドライバだった

購入時についていたVGAドライバのCD。

メーカーサイトに行き探したのですが古すぎてドライバが無い。
こういう時の「グーグル教祖様」に探して貰いました。
何とか最新版(とは言え2005年)を見つけインストールしたら無事起動する様になりました。

メモリ増設も危険をはらんでいますね。

蛇足
Windows98の起動FD、メモリが1Gを超える場合
CONFIG.SYSの一行を下記の様に書き換えて下さい。
おまじないです。

標準メモリ DEVICE=HIMEM.SYS
巨大メモリ DEVICE=HIMEM.SYS /NUMHANDLES=128

HP既出の内容です(2017/04/08)

蛇足2
最新だけど、古いドライバをDLしたサイト(GeForce2 MX 400)



バックアップ時と異なる環境へのリストアってめんどくさいですね。
でも、失敗がトラウマになると困るのでWindows98でリベンジしました。
自作ソフトBAKWでバックアップしていたWindows98を復旧。
・SAFEモードで起動し、BAKWでリストアの最終処理。
・SAFEモードのまま、デバイスドライバ画面で「VGA」を削除。
・再起動。
・自動的に古いVGAがインストールされてしまいます。
・再起動を促す画面が表示されるが再起動はダメ。
・再起動指示を無視して、新しいVGAドライバをインストール。
・新VGAドライバインストール完了後「再起動」
無事、Windows98が起動しました。 (^_^)



BUFFALOのサイトにWin9x系のOSで512MB以上のメモリを積むとマズイとの記載が有ります。
やはり「過大メモリ」は面倒を起こすようです。



Windows98で1GB認識

Windows98をリストアテストした環境で確認すると、1GBのメモリをきちんと認識しています。
Buffaloのデバイスドライバは入れてないんですが??



無理を承知で、お試し!
Windows95は、どうあがいてもダメだった。
メモリを抜くしか無さそうです。
95は使う予定が無いのでこのままでOK hi
Windows10でパーティション割当を逆にしてみた
OSのドラブ割り当てを逆順に

WindowsNT系のOSは色々といたずらが出来ます。
 これが失敗だったようです。 (;_;)

画像の様にパーティション割り当てを逆順にするなんて事も。
ちなみにこの画像は、第三パーティションのWindows10から起動しています。
D:は、DVDなのでドライブ割り当てから抜けてますが・・・

PS.
こんな事をするとライセンスで怒られるかと思ったのですが、正式に認証されていました。

PS2.
Windows2000やXpを現役で使っている方は少ないと思いますが、やむを得ず使う場合。
古いOSでのネット徘徊は控えて下さい。
また、ルーター等のファイアーウォールが無い環境では、LANケーブルを引き抜いて使う事をお薦めします。
Windows10 Creators Update登場
Windows10 Creators Update

先日書いた記事「Windows10のISOイメージ、WindowsVistaだと簡単にDL出来たのサイトでWindows10の最新版がDL出来る様です。
(画像は、WindowsVista)

試しにインストールしたのですが、最新版なのでWindowsUpdateが無い・・・インストール時間短縮。
私にとって機能満載は一切不要なのですが、Update無しで最新版になると言うのが一番です。

●Windows10
MS社に色々な情報を勝手に送る機能満載のOSですので、今のところ普段使いはしにくいです。

MS社のダウンロードサイト

なお、
Vista以外のOSだと、ISOの直接DL出来ません。
DL用ソフトをインストールしろと指示が出ます。

Vistaの賞味期限は2017/04/11迄です。
12日になると、VistaではDLが出来なくなるかも?
MS社の判断次第ですが・・・

●追記
 同日夜にWindowsを起動したらupdateと言う名のリコールが始まりました。
 1日保たないOSってなんなの。
 リコールする必要の無いOS作ってくれ。>MS
WindowsXpのリカバリー
00 無事Windows起動

知人からもらい受けたパソコン。
WindowsXpがインストールされていたのですが、ぐちゃぐちゃ。
最初からインストールした方が良さそうだと、手元のWindowsXpのCDで再インストールしました。
パソコンの裏に貼ってあるプロダクトキーをメモしてから実施したのですが、プロダクトキー無しでそのまま認証されました。
メーカー製パソコンは楽ですね。

その後、数年経ち今に至るのですが、ハードディスクのパーティション情報を見ると「訳の分からないのが2つ」有り、全部で3つ。

・第一 不明
・第二 Windows
・第三 不明

先ずは、第一から起動したらパソコンのハードウェアのお医者さん画面が表示。
メモリ等の点検をしてくれるようです。
さっさと終了hi

となると、第三は「修復用」と想定。
Windows10にupgradeする前に、やってみよう・・遊んでみようとチャレンジ。
しかし、DELLのサイトで見た方法ではどのようにしてもそのパーティションから起動出来ない。

最後の手段hi



MBMをインストールします。
MBMは、Vectorからダウンロード出来ます。
(FDDの無い環境の方は、作者ChanN氏サイトから「MBMブータブルCD」のISOイメージをDLして使うと便利です)


01 MBMをインストールしたHDDからの起動画面 この3-DB Unknown がリカバリーの正体です。1-DEは、パソコンのメモリテストなどを行うソフトが入ってます。

起動後、F4を叩くと上記の様な画面になります。

02 F10 キーを押してエディット画面へ移行.jpg

F10を叩くと上記のような画面になります。
ここで第三パーティションが犯人です。

03 PGUP-DNキーを押してFAT32Xにします

上下矢印キーで第三パーティションを選択し、
PageUP/DOWNキーを押して、FAT32Xにします。

04 F8キーで変更を有効にしたら、エスケープキーで戻ります。

FAT32Xになったら、F8を押して変更を有効にします。
ESCキーで元の画面に戻ります。

05 F4キーで画面表示を拡張して、リカバリパーティションを選択Aキーでアクティブにします。そのままリカバリパーティションでリターン

上下矢印キーで第三パーティションを選択して、「」キーを叩いてアクティブにします。
訂正「実施しないで下さい」スペースキーで左にパーティションの選択状態の*マークも出せます(必須では有りません)
そのまま、リターンキーで「第三パーティションから起動」します。

06 めでたくリカバリー作業に突入です 復元をクリック

めでたくリカバリー作業に突入。
「復元をクリック」します。

07 リカバリはこんな感じで進みます

リカバリーはこんな感じで進みます。
完了すると「トップ画像」の様にWindowsが起動します。 (^_^)



HSBをアンインストールするには、Windows98のFDブート等で、
FDISK /MBR
として、Windows標準のMBRを書き込めばOKです。



メモ
Windows9xの起動FDを活用しているのですが、メモリが大きくなると挙動不審になるようです。
私の環境ではメモリを 1G=>3G にしたら、日本語表示が出来なくなりました。
CONFIG.SYSのHIMEM.SYSの行を下の様に直したらOKでした。
修正前 DEVICE=HIMEM.SYS
修正後 DEVICE=HIMEM.SYS /NUMHANDLES=128