Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES

RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
バッファロー IFC−PCI7ESAU2 にアクセスランプを付けてみた その2
IFC-PCI7ESAU2 TopView

前回ヘッダを取り付けたとき、レジストを除去せずに取り付けたためハンダが回っていなかったので再取り付けしました。
チップ抵抗がプリントパターンより大きいのですが、そちらは我慢(無精)する事にします。
ヘッダを取り外し、メガネドライバーの先端でゴシゴシ。
新しいヘッダを取り付けた写真です。
メガネドライバーでのソルダーレジスト除去はこの程度で限界、ギリギリハンダが回っている状況。

IFC-PCI7ESAU2 BottomView

裏面はこんな感じ。
右端のランドとラインの間隔は微細。
レジスト剥がしのメガネドライバーがラインの上をゴシゴシすると、ハンダが飛んじゃう。
ハンダブリッジ確約品になっちゃいます。
そんなんで、力を入れてのゴシゴシは出来ず、そ〜〜〜っとゴシゴシでした。

PS.
フラックスを拭くの忘れてた。
ゴミくずとハンダくずが付着して汚い!
撮影後、アルコール付けて拭きました。
バッファロー IFC−PCI7ESAU2 にアクセスランプを付けてみた
IFC-PCI7ESAU2にアクセスランプを付けてみた

ネットの記事を頼りに、電流制限抵抗とヘッダを付ければアクセスランプ可能と判断。
先ずは、作業。

1.ハンダ吸い取り機でヘッダー用スルーホールのハンダ除去
2.チップ抵抗の取り付け
3.チップ抵抗取り付けで悪戦苦闘しているうちにスルーホールにハンダが流れて (;_;)
4.再度ハンダ吸い取り
5.ヘッダの取り付け
6.ヘッダのランドにハンダが乗っていないのを確認
7.再ハンダ
8.ヘッダ上部からも再ハンダ
9.それでもハンダが乗らないので確認したら、ランド全面にレジストが塗られていたと言う落ち。
10.スルーホール内はハンダが乗っているのでOKと言う事にhi

やっつけ仕事丸出し

まるで付いて居ないようですが、これでもスルーホール内で繋がってます。
今度やるときは、ランドに塗られているレジストをゴシゴシしてからハンダ付けします。

チップ抵抗が「抵抗用角ランド」より大きすぎてごまかしになってます。
とりあえず付いて居るからいいかhi

抵抗に1kΩを使ったら、ランプが少し暗いです。
500Ω程度の方が良いのかなとも思いますが、この状態で高輝度発光ダイオードを使って試して見ます。

追記
高輝度発光ダイオード使ったけど、少し暗い感じです。
何Ω位が適正なんだろう?

追記
ICのデーターシート見つけた (^_^)
直リンクはしないので、必用な方はプラウザで貼り付けて下さい。
URL=http://www.pix.net/techpubs/silicon_image/SiI-DS-0107-C.pdf
Supports Activity LEDs, one for each channel with 12mA open drain driving capability.
12mA迄流せるとの事なので、相当電流流しても大丈夫みたいです。
インターネットWAN経由で印刷テストしてみた
今朝未明に目が覚め、眠くなるまでの暇つぶしで遊んでみました。
(2度寝したら、起床は10時hi)

ルーターの設定

,泙困蓮▲襦璽拭爾離檗璽箸坊蠅魍けます。
 RAWの印刷ポートに来たデータをプリンタサーバーのIPアドレスに変換。
 設定したのは、ピンクの部分。
・LAN側ホストの所にプリンタサーバーのIPを入れて下さい。
・プロトコルはTCP。
・ポート番号は、9100−9100番です。要するに9100番一つだけ!
・優先度は適当に・・
・蛇足
 今思うと「保存」ボタンを押してなかった。
 この状態だと、ルーターの電源が切れて再起動した時、設定が消えちゃうんでしょうね。

▲僖愁灰鵑裡味腺離院璽屮襪魄き抜き、テザリングしたスマートフォンにWiFi接続します。

プリンタドライバに新規ポートを作成して自宅の、WAN−IPをセットします。

RAW ポート9100

こ銅鐇瀋
・プリンタのポートは自宅のインターネットWANアドレス
・RAWを指定
・RAWのポートは先程ルーターにセットした9100番。

プリンタドライバのIP設定

ダ瀋蠅完了した状態

Wan経由で印刷した結果(^_^)

Γ廝腺侶侏海念刷に成功しました。
 地球の裏側からも印刷出来るけど、プリントサーバーの設定項目に「バスワード」が無い。
 放置しておくと怖いので、ルーターの穴を塞いで終了しました。hi

WAN経由で印刷出来る事が解っただけですが、多少勉強になった気がします・・自己満足。

蛇足
LPR印刷は試してないのであしからず!
なお、ちまたの噂によると、LPR印刷のポート番号は515番だそうです。
中古プリントサーバーを購入しました(LPV2−TX1)
LPV2-TX1

中古プリントサーバーをフリマで購入しました。
ジャンク扱いとの事でしたが、パッケージも綺麗で快調に動いてくれます。
プリントサーバー自体のプラは黄変してましたが・・・

最近の物はWebSetup等プラウザから設定出来ますが、
これは古い物なので専用ソフトからでないとセットアップが出来ません。
そして専用ソフトが現行のOSに対応していないんです。 (;_;)
昔のパソコンを引っ張り出して(WinXP)IPアドレスをセットしました。
セットさえ終われば、TCP/IP環境で印刷すれば良いので今まで通りです。
メーカーホームページへのリンク

RAWで印刷してた

メーカーホームページで取説見たら、LPR印刷になってるけど、現在はRAWで動いてる。
良くわからんけど、印刷しているからOK。 (^_^)



ETPS1

ちなみに、ET−PS1Eと言うIOデータのプリントサーバー。
Telnetで設定出来るんです。
これだと専用ソフトが無くてもOK。
最新版のWindowsでも行けます。
注意:Windows8.1だとTelnetが隠れているので使える様にする必要有。
注意:正式対応はWindows2000迄なので、専用ソフトでの設定は古いパソコンが必用。
追記:こちらのプリントサーバーは、素直に取説通りLPRで使っています。hi
メーカーホームページへのリンク
プリンタを買い換えました
2001年購入のNECマルチライタL2050がそろそろ限界の様子。

諦めて NEC Multiwrier L8250を購入しました

新調したのがこのプリンタ。
とてもお安いプリンタ。(定価の1/5程度で購入・価格COMへのリンク) (^_^)
(もしかすると、トナー単品より安いです)
NECのマルチライタL8250。(両面機能の無い安い方)
PC−98のDOSから印刷出来る・・・今となっては貴重なプリンタです。

ゼロックスのOEMなのね?

ドライバインストールしてビックリしたのが、富士ゼロックス製品。
NECはプリンタメーカーとしても充実していたけど、撤退したのかな〜〜〜〜??

PS.
L2050用の、トナー在庫いっぱい残っているんです。
・QRコードの様な精密な印刷には支障が出ます。
・文字等の印刷では一部が、縮小されたり拡大されたりします。
・それでも文字は読めますしバーコードなら問題無い程度の印刷品質です。
当分の間文字や画像の印刷物用として16年物を併用する予定です。



匿名様、コメント有り難うございます。
RESが長文になったため、本分でRESさせて頂きます。

---

・モノクロプリンタは各社で作成
・カラーは開発コストがかかるのでOEMが主流
だと思っていたのですが、、、
モノクロもOEMなんですね。

ちなみに当初はカラーを検討していたのですが、NECのメンテ部門に勤める友人から「カラーは故障が多いよ」と言われた事が頭の片隅に有りこのプリンタにした次第です。

当初カラーを検討していた時は、NEC MultiWriter 2900C をターゲットにしていました。

XEROX DocuPrint C3050 や EPSON LP-S5300 と同型ですが、PC−98のDOSから印刷する事を前提にするとNEC一択になります。

今後はモノクロレーザーと、カラーはiP2700(¥2980)の併用で行く予定です。
インクジェットもレーザーも「インク/トナー代より本体が安い」と言う不思議な状態。
メーカーが「インクやトナーは互換品を使え」と推奨しているのかな???

PS.
PC−PR201GSから始まってず〜〜〜っとNECのプリンタを使い続けています。
(年賀状印刷用はエプソン・キャノンに浮気してますが)
自作の各種DOSソフトを未だに使い続けている関係で、
201PL印刷コードから離れられないんです。 (;_;)
老眼が進むとソースコードを読むのもしんどくなり、「自作ソフトのWin化は無理」と諦めてます。
手持ちのPC−9821が次々と、手の届かない所に旅立っていきます。
この先、どこまで続けられるか?? (;_;)



●201/09/21 追記
Windows10Pro32bitのパソコンにこのプリンタのドライバをインストールしようとしてオヤ?
・Windows 98,ME用
・Windows 2000 xp用
・Windows x64 用
しか有りません。
Windows10/32bitはどうすんじゃ〜〜〜!
x64用を入れたら、Windows10に叱られました。
でWindows2000用入れたら認識OK。
2000,Xp用じゃなくて、x86(又はx32)用と書いてくれ〜〜〜 > NEC
てな訳で無駄な時間を費やしたと言う落ちでした。
ロジテックLCW−S24SU2にハードディスクを入れてみた その2
ロジテックLCW-S24SU2にハードディスクを入れてみたその2

上段が前回、下段が今回工事hi
今回は、HGSTのIDEを32Gクリップして取り付けました。

ロジテックケースに入れたHGST-IDEをSCSIとして領域確保

PC−9821Rv20のオンボードSCSIに接続し、領域確保。

遅い感じがしたのですが、Rv20のオンボードSCSIだと限界かな

遅い感じがしたのですが、オンボードSCSIはウルトラマンではなかった。 (;_;)
これが限界みたいです。

NEC純正SCSIはこの速度

ちなみに純正SCSIだとこの速度。
このHDDだとウルトラマン必要ないですね。

内装ドライブと入れ替えてWin2kをブート。 (^_^)

さらに内臓SCSIからこの「なんちゃってSCSI」にクローンを実施。(自作BAKY
ブートしたのがこの画像。

めでたく終了しました。



ロジテックケースに入れたHGST-IDE Win8.1 USB TEST

Windows8.1パソコンにUSB接続してみた。
SCSI/USBのパラメーターって同じなのかな〜〜〜
見事に読み書き出来るけど (^_^)
ロジテックLCW−S24SU2にハードディスクを入れてみた メモ
LCW-S24SU2にHDDを入れた見た

ストックしていたLCW−S24SU2、古いCD−RWを外してハードディスクを入れてみた。
最初250GBを入れたら、120GBと認識・・・BigDrive無理なのねhi
で、80GBのHGST−HDDを取り付けて試験。

LCW-S24SU2 ラベル

ちなみに、最初に入っていたのはCD−RW。

前から見ると内臓が・・・

ハードディスクを入れたけど、前面にブランクパネルを付けなかったので、内臓丸見え。 (^_^)
HDDの放熱にはよろしいかと・・・手抜きです。
5インチ用ベイに3.5インチHDD。
サイズが合わないのでネジは1本だけで付いてます・・・手抜きです、その2

後ろから見るとこんな感じ、SCSI&USBのコネクタ、SCSI-IDSW等

バックパネルはこんな感じ。
・USBコネクタ
・SCSIコネクタ
・ディップスイッチ SCSI−ID(1,2,4)、TE(ON/OFF)
  SCSI-ID



1.Windows10にUSB接続し、初期化・領域確保(NTFS)
2.Windows10にSCSI接続し、読めるか??? 成功 (^_^)
 LBAアクセスだと、USBとSCSIのパラメーター問題は無いみたい。
 そのまま認識しました。
3.これからが本題
 PC−9821Ra20 Windows2000にUSB接続。
 (SCSIは、壁がありそうなので試してません・・32Gに押さえればOKかな?)

LCW-S24SU2-DEVICE (PC-9821)

 デバイスマネージャーOK

PC-9821Ra20改 Win2k USB ベンチ

 ベンチマークも正常に・・・今時としては少し遅いけど、とりあえず満足。

USB/SCSIで使えるし、PC−9821でも利用出来るので便利そうです。
80Gなんていらないから、32GクリップしてPC−9821のSCSIも試して見ようかと思うのですが、この熱さだと気力が出ないhi

ロジテックLCW−S24SU2製品情報へのリンク
ロジテックLCW−S24SU2ドライバDLページ



●2017/07/04 追記
PC−9821Rv20/Windows2000のオンボードSCSIに接続してみました。

80GB SCSI HDD として認識 コンピューターの管理画面

コンピューターの管理画面で認識しています。 (^_^)

80GB SCSI HDD として認識 デバイスマネージャー

デバイスマネージャーもOK

80GB SCSI HDD として認識しました

80GBは、OKみたいです。
書込テストを行ったわけでは無いので、32GB超えた所で化けるとか・・大丈夫かな?
USB−HDD
USB-HDD
画像クリックで拡大


5年位前に購入したパソコンやNASのバックアップ用に使っているUSB2.0−HDD。
USB連動との事でコンセントに刺しっぱなしにしていたのですが、
・HDDの回転は止める
・HDDの通電はしたまま
の様です。

使用時間が万単位になりビックリした次第。
それに引き替え電源投入回数の少ないこと!!
たった9回。

ロードアンロードサイクル回数「4C0」が、実際の起動回数かな?
使用状況から考えると、1216回と言うのが当たりみたいです。

SMARTの情報を見ても悪い所が無いので当分使えそうですが・・

旧HGST工場の生産品なので、当分大丈夫かな?
永久保証のCFが壊れた
壊れたCFカード

永久保証の筈のCFが壊れて初期化も出来なくなりました。

フォーマットを完了出来ませんでした

面倒だし、中のデータを見られるのもいやなので泣き寝入りの予定。

2ヶ月程度で中身が蒸発するCF

2ヶ月位で中身が蒸発するCFも有ったりして・・・

五寸釘で打ちまくったCF

両方共、トンカチ+五寸釘で壊して廃棄しました。 (;_;)
HDDの処分
HDDの破壊

古いHDDは価値もないし、そのまま処分するとリスクがあります。
で、私の取っている方法は「五寸釘」。
HDDのプラッタめがけてトンカチで打ち込みます。
殻が頑固な場合は、ドリルで穴を開けてから「五寸釘」。
この状態のHDDを復元される事は無いでしょう。
国家機密クラスの情報が入っていれば、無制限にコストをかけて復元作業をすると思いますが、
私のHDDに入っている情報は、年賀状の住所録とハムログの交信記録くらいですので。