Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES
RECENT COMMENT
  • 大陸から通販したら、税関で開封された 何故?
    SYSOP (03/14)
  • 大陸から通販したら、税関で開封された 何故?
    通りすがり (03/14)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! 4号機 その8  32Vで溶接
    SYSOP (03/10)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! 4号機 その8  32Vで溶接
    SYSOP (03/04)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! 4号機 その8  32Vで溶接
    shu (03/03)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! 4号機 その8  32Vで溶接
    shu (03/03)
  • 若松通商に放置プレイされてます (;_;)
    SYSOP (02/21)
  • 若松通商に放置プレイされてます (;_;)
    かかっくん (02/21)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! 4号機 準備中
    SYSOP (01/30)
  • コンデンサスポット溶接機の夢! 4号機 準備中
    かかっくん (01/29)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
コンデンサスポット溶接機2号改で基板取付けネジを作成
取付けボルトを作ってみました

溶接機を何台も作っていますが、使う事は殆ど有りません。 (;_;)
何か・・と思い。
ネジの頭にステンレス板を溶接すれば、両面テープでプリント基板をプラ箱等に取付けられるんじゃ無いか?
3mmΦ皿ネジに0.2mmのステンレス板溶接です。(見つけたネジがミリネジ、ISOじゃ無いのはご愛敬)
電圧19Vで溶接したのが、上写真。

0.2mmステンレス4点溶接

ステンレス板側から。
ナゲットが深すぎるようです。
もう少し溶接電圧を下げた方が良いかも?

引きはがし試験

引きはがしテスト。
しっかり着いてましたが、02mmだと剥がせますhi

24Vだと溶接ではなく、穴開けになってしまいます。くっつきません。

24Vの溶接電圧で試したのが上画像。
ステンレスが溶解して火花となり、飛散っちゃいます。
くっつきませんでした。
電圧の選択はなかなかデリケートです。
コンデンサスポット溶接機2号機手直 その5 動作テスト
動作テスト状況をユーチューブに掲載しました。
私の力では、引きはがし出来ませんでした。
詳しくは、ユーチューブのコメント欄でご確認下さい。

コンデンサスポット溶接機2号機手直 その4 セットアップ
下段の6ユニット接続完了

下列の6ユニット組込み完了。

10ユニット接続完了・10番と9番が入違いになってますhi

上段の残りを完了。
ユニット番号が、9/10入違いになってますが・・・マア見なかったことにして下さい。

銅バー間の連結は8sqの電線

今までは百均ケース中央の銅バーから電極を出していたのですが、電極交換時の作業性が悪いので箱先端に銅バーを取付けました。
箱先端の銅バーと中央の銅バー接続は、8sqの電線。
圧着ペンチ
もっと太いのにしたいのですが、私の工具は8sqが上限なのでやむを得ません。


接続完了・配線チェック未済なので通電はこれから

制御回路も組込み完了し直ぐにでも使える筈ですが、落着いて再確認します。
ドカンと行ったら終りなのでhi



●2019/03/19 17:30 追記
 0.3mmのステンレス板の溶接にチャレンジしました。
 この溶接機かつて、0.2mm程度が確実に溶接出来る範囲でした。(0.3mmだと不安が)
 制御回路の改善で、0.3mmがガッチリ溶接出来ます。 (^_^) (^_^)

0.3mmSUS板

 上は3点溶接し、引きはがした0.3mm厚ステンレス板。
 (右端は、コンセントを抜いた後にコンデンサを放電する為の空打痕です)
 まともには引きはがし困難な強度でした。
 5分位ねじったり、てこの作用を利用したりと格闘して剥がした切片です。

 大成功 (^_^)

●2019/03/20 追記
 旧制御基板、苦労して作ったんだけど・・・

廃棄予定・・・(;_;)



●おまけ 予備の電極棒を作成しました。
 直径5mmΦ銅棒を使用。
 長さはいいかげん・・適当。
 一番大変なのは、先端を円錐状に尖らせる事なのですが、作業中の撮影はしていません。
 ヤスリでコツコツと削って下さい。

電極棒紙やすりで磨き、電線との接続部は0.5mmΦくらいの銅線で締めます

 電極棒根元を紙やすりで磨き、錆や汚れを落します。
 溶接電線を沿わせて、銅棒との接続部を銅線で巻付けます。(写真は0.5mmΦ程度の銅線で巻いてます)

60Wのコテだとこの程度のハンダ付けが限界です

 半田付します。
 銅棒、電線共に太いので熱が逃げてしまいます。
 容量の大きなハンダゴテで根気よく半田付して下さい。
 私は小さいのを使ったので・・・綺麗に出来ませんでした。  (;_;)

電線、熱収縮チューブが2色有ったのでカラフルにしてみました

 銅線の根元の圧着端子を付け、電極を熱収縮チューブで保護します。
 電線・熱収縮チューブ共に2色有ったので、色分けしてみました。 (^_^)
本日のハムラジオ
路肩の花

8J1YM50C 430MHZ FM (^_^)
 TNX 横浜市緑区制50周年記念局
コンデンサスポット溶接機2号機手直 その3 動作テスト
ミニミニ溶接機1ユニット修正完了

制御基板が完成し、ミニミニ溶接機1つの修正も完了。
PowerMOS隣のダイオード(基板シルク印刷は抵抗シンボル)がジャンパー線に、
もう一つのダイオードが無くなり、抵抗は斜めにとりつれられています。hi

ユニットの制御部分・・これを制御基板の仕様に合わせます

これは修正前のミニミニ溶接機基板。



スポット溶接機の制御基板を更新したので、動作の確認をしています。



●2019/03/18 追記
 コンデンサスポット溶接機2号のユニットを一つ取出して修正したら制御出来る事が確認出来たので、
 2号の分解作業を開始しました。
 2号は、ミニ溶接機10個パラで作られていますのでそこそこ面倒hi
 中央に見える銅バーが威力の根源です。hi

只今分解中

・制御部分の修正経過

前の7unitは修正済み、後ろの3unitは後日hi

 上写真の前7ユニットは修正完了。
 チョット疲れたので、背後に写って居る残り3ユニットは後日hi

●2019/03/18 追記
 10個のミニ溶接機修正完了。
 各々の動作確認をしています。
 5個完了した所で昼食休憩hi

KENWOOD機とAH−4,AH−3用のインターフェイスを頒布しています
●記事がスレッドから流れてしまったので先頭に移動しました。


https://sub-bakw.ssl-lolipop.jp/hampu/
 

頒布種類:「完成品」、「セミキット」、「基板単品」
新規の方に限り、完成品1台迄「相性保証」を行います。
御利用中の方も、時折ご確認下さい。
SSL非対応の古いプラウザを御利用の方はこちら:http://bakw.sub.jp/hampu/
コンデンサスポット溶接機2号機手直 その2 半田付開始
先ずは切断したパターンに三端子レギュレータ取付

先日の作業でパターンカット、基板の切断、レジスト塗布、日光浴が終ったので、半田付作業を開始しました。

三端子レギュレーターは、「ボンドくつピタ・靴用接着剤」で基板に貼付けました。 hi
成分を見ると、シリル化ウレタン樹脂100%・・溶剤不使用・・環境に優しい!
シリル化ウレタン樹脂を調べると耐熱温度80゜、充分です。 (^_^)
三端子レギュレーターの取付けが終った所で、「ハタ」と思った。
自動車用電球の2段重ねどうしましょ?
前回は、賞味期限切れのシリコン充填剤でくっつけたのですが、まともに接着出来ないので苦労しました。
で、思いついたのが「ソルダレジスト」。
半田付に耐えられるなら、電球の熱も大丈夫・・・と勝手に解釈し。
さらに・・・電球はガラスだからUV通すので固まる。

電球はUV硬化レジストで接着・日光浴中

日光浴して固まりましたが、点灯時の熱に耐えられるかはです。




●2019/03/14 18:00 追記

電球取付

 なんとか、部品を半田付して作業は半ば。
 電球の固定で時間を取られています。

電球取付2

 紫外線硬化レジストで電球を固定しようと企んだのは良いのですが、ひなたぼっこ開始時刻が15時過ぎ。
 隣家の陰になり直射日光が・・・(;_;)
 固まらずに夜を迎えました。
 上写真の左右の電球間は固定済み。
 右の電球とプリント基板の間のソルダレジストがペースト状態になってます。
 明日もひなたぼっこ。hi

●2019/03/15 追記

只今、日光浴中

 只今、ひなたぼっこ中。
 天候に恵まれて、順調に固まりそうです。 (^_^)

・ひなたぼっこの効率を上げる為、周囲はアルミテープで囲んでいます。
 そして、温度測ったら67゜。
 ケミコンが85゜品なのでこれ以上の温度にはならない事を祈りつつひなたぼっこ継続中。

●2019/03/15 16:00 追記

テストの為2つだけ黒色基板コネクタを取付、白小:トリガースイッチ、白大:電源

 制御基板、ほぼ完成しました。
 とりあえず、ミニミニ溶接機10個のうち、2個分だけ基板コネクタ(黒)を取付けて動作確認に入ります。
 なお、白コネクタ小はトリガースイッチ、白コネクタ大は電源です。

スポット溶接機2号から取出した1ユニット

 スポット溶接機2号の中からミニミニスポット溶接機1ユニットを取りだし。

ユニットの制御部分・・これを制御基板の仕様に合わせます

 ミニミニスポット溶接機を今回作成した制御基板の仕様に合わせます。
 抵抗の交換、ダイオードの取外し等、数カ所。

蛇足
 この溶接機原型の記事です。
大陸から通販したら、税関で開封された 何故?
税関で開封されたのは初めてです

不審物には見えないとおもうんだけど、通販したら開封されてた。
中のプチプチ封筒も開封され、透明テープで再梱包されていた。

OCS早い、2日かからずに届きました

なお、OCSの配達は早い、メチャ早い、早すぎる!
荷物をピックアップしてから、我家に届くまで48時間かからない。 (^_^)
3:1熱収縮チューブ RSオンラインで購入しました
RSオンラインから購入した3:1熱収縮チューブ18Φ

18mmΦ3:1の熱収縮チューブをRSオンラインで購入しました。
アマゾンで不良品をつかまされたので少し不安だったけど、RSオンラインさんは大丈夫でした。
(記事1:誤商品が送られてきた記事2:再送品も誤・・返金になりました)

ヒートガンで加熱後、6.4Φ

加熱しての収縮テスト。
私のヒートガンが弱いせいか6.0mmΦ迄は縮まなかった。

配送無料
蛇足:RSオンライン・・・只今配送料無料キャンペーン中 (^_^)

送料無料
上記画像のとおり、少額の購入でも配送料無料だった
SBS即配便の追跡
カモ

最近・・一都三県向けにSBS即配便を使う通販サイトが増えています。
これもまた、追跡しにくい
てなわけで、またまたスクリプトを作ってみました。
別サイト用のスクリプトを最小限の修正で利用していますので、細かい所は見なかった事にして下さい。

以下を hogehogeSBS.vbs 等の名称で保存して下さい。
荷物の番号はゼロの所に適当に入れて下さい。
とりあえず、5個の荷物まで同時に追跡出来るようにしてあります。

REM --- ここから ----
Option Explicit
Dim obj, WSHShell
Const ErrMsgTxt = "SBS即配便荷物番号検索エラー"
Const pageURL = "https://www.saqura-web.com/sbs_ltrc/"

Const Account1 = "0000000000000" 'ここに荷物番号を入れる
Const Account2 = ""
Const Account3 = ""
Const Account4 = ""
Const Account5 = ""

REM ===
REM WScript IE 開始
REM ===
Set WSHShell=CreateObject("WScript.Shell")
Set obj = WScript.CreateObject("InternetExplorer.Application")
WScript.Sleep(200)
obj.Navigate pageURL
WScript.Sleep(200)
obj.Visible = True
S_IE_Wait obj
WScript.Sleep(200)
S_IE_Activate
WScript.Sleep(200)
obj.document.forms(0).elements(5).value = Account1
WScript.Sleep(100)
obj.document.forms(0).elements(9).value = Account2
WScript.Sleep(100)
obj.document.forms(0).elements(13).value = Account3
WScript.Sleep(100)
obj.document.forms(0).elements(17).value = Account4
WScript.Sleep(100)
obj.document.forms(0).elements(21).value = Account5
WScript.Sleep(100)
obj.document.forms(0).elements(45).Click
WScript.Sleep(200)
Set obj = Nothing

REM ======== IEが安定するまで待機 =======================
Private Sub S_IE_Wait ( ByRef objIE_ )
Const TimeOut = 30000 'ミリ秒単位
Const CheckTime_ = 200
Dim t_

t_ = 0
Do While objIE_.busy
t_ = t_ + CheckTime_
If t_ > TimeOut Then
MsgBox "IE Time Out error. [IE.busy]", _
vbSystemModal + vbCritical, ErrMsgTxt & " [IE.busy]"
WScript.Quit ' メインプログラム終了
End If
WScript.Sleep(CheckTime_)
Loop
t_ = 0
Do While objIE_.Document.readyState <> "complete"
t_ = t_ + CheckTime_
If t_ > TimeOut Then
MsgBox "IE Time Out error. [complete]", _
vbSystemModal + vbCritical, ErrMsgTxt & " [complete]"
WScript.Quit ' メインプログラム終了
End If
WScript.Sleep(CheckTime_) :
Loop
End Sub

REM ======== iexplore.exe をアクティブに ============
Private Sub S_IE_Activate
Dim Lt__, Sv__, En__, Sh__, It__

WScript.Sleep(200)
Set Sh__ = CreateObject("WScript.Shell")
'起動中のプロセスの一覧から iexplore.exe を検索
Set Lt__ = CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
Set Sv__ = Lt__.ConnectServer
Set En__ = Sv__.InstancesOf("Win32_Process")
For Each It__ In En__
If Not IsEmpty(It__.ProcessID) Then
If InStr(It__.Description, "iexplore.exe") Then
Sh__.AppActivate(It__.ProcessID)
' Exit For
End If
End If
Next
WScript.Sleep(200)
Set Sh__ = Nothing
Set En__ = Nothing
Set Lt__ = Nothing
End Sub
REM --- ここまで ---