Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>翌月
 
ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
変換基板試作品
TopView

前記事で作成した変換基板、試作段階の物です。
基板
取付状況

蛇の目基板をDIP−ICのサイズに切出して作成。
上写真はまともに見えるけど・・・


BottomView

基板のハンダ面は酷い事にhi

プリント基板を外注すると綺麗に出来るし楽ちんです。 (^_^)

なお、使用したMOS−SWは、ジャンク箱から引っ張り出した AQY210EH(GE製)です。
JLCPCB 安価な配送方法が追加されました
JLCPCB
(見やすくする為、コントラストを調整しています)

JLCPCB
・1月に注文した折
 「DHL」 と 「S.F Express」 と 「S.F Express Economy」 の三択。(私は、S.F Express Economy を使用)
・その後、工場が一時閉鎖
・生産再開後の配送は、DHL一択になってしまい、安価な方法が選択出来ませんでした。
 DHLは、チョット高価。 (;_;)
・今日HPを見たら、安価な配送方法が追加されました。 (^_^)
 少ないお小遣をやりくりしているので、とても助かりますhi
・なお、配送の遅れは出ているようです。
--

ちなみに、1月に注文したプリント基板。
MERCHANDISE TOTAL:$2.00
SHIPPING CHARGE: $9.89 (S.F Express Economy)
合計: $11.89

本日HPで表示されている配送方法と価格
MERCHANDISE TOTAL:$2.00
SHIPPING CHARGE: YunExpress Japan Direct Line $9.43 (DHLだと$15.95)
合計: $11.43
DIPの変換基板を取付けてみた
試しに!

先日作成したDIPの変換基板をテスト基板に取付けて見た。
ぴっちりハマった。(テスト基板は、ICソケット利用)
私の環境では回込のトラブルが発生していないから、どの程度効果が有ったのか不明hi
DIP−ICのサイズに治ったと言う事でOKにします。

PS.
 テスト基板は、かつてのATU−IFにオシロ用のテストポイント等を取付けた物です。
 試しに、AH−4側にコモンモードコイルを取り付けて有ります。
 なお、引出し線が1.25sqと太過ぎる為、取回しが悪いです。(現行は、0.5sqです)
DIPの変換基板を作ってみました
DIP変換基板

ATU−IFの回り込み改善にとDIPの変換基板を作成してみました。
C−MOS−ICで制御するのではなく、フォトリレーをスイッチとして使う物です。

長所:大容量のパスコンが使用出来ます。
   画像のシルクは5nFと印刷されていますが、10nFを使用しました。
短所:消費電流が増えるので、ATU−IFの動作電圧範囲が少し狭くなります。
   13.8V±15% => 13.8V±10%

変換プリント基板を5枚作りました。
・1枚は部品を半田付して完成・・この写真
 (プリント基板, TLP222, 0.01μF x 2(要足加工), 470Ω, 基板用リードフレーム)
・1枚は行方不明(テーブルソー切断時に利用した電気掃除機に吸込まれたらしい?)
・3枚はプリント基板のまま・・未使用
「回り込みで7MHzだけ、フルパワーに出来ない」等の方がいらっしゃいましたらご相談下さい。

要足加工:5mmピッチに曲げられた足を真っ直ぐにして、2.5mmピッチに修正します。

蛇足
 汚い写真ですが、ご容赦下さい。
  無水エタノールを購入出来ない状況なので、フラックス洗浄はしていません。
  エタノール事情が良くなってから洗浄します。

FusonPCBプリント基板注文 総括
E(エミッタ)の文字が欠けている

前回JLCPCBへ発注した物と微妙に寸法を変更しています。
JLCPCBの画像とは印象が変っていますが、写真撮影の光源角度を変更したためです。

・サーマルランドライン 0.3 mm
・スルーホール径    0.9 mmφ
・レジスト径      1.1 mmφ
・部品面ランド径    1.3 mmφ
・ベタとランドの間隔  0.45mm

拡大写真を見るとシルクが汚く見えますが、現物は十分使えるシルク印刷です。

・パターンについて
 JLCPCBの折は0.2mm幅、今回は0.3mm幅にしたので比較しにくいのですが、
 JLCPCBはパターンの横からのエッチングで0.2mmより細くなっているようです。
 FusionPCBのパターンは0.3mm確保出来ている様です。 (^_^)

ガーバー上ではシルクをレジストの上に記入している

上が発注時のガーバーデーターです。
・シルク印刷
 半田メッキ部分に被らない様にパターンを作成したのですが、
 FusionPCBの作成過程で半田メッキ部周辺のシルク印刷が除去されています。(上写真印)
 印刷のズレで半田メッキ部分にシルク印刷が被らない様にとの配慮かと思います。
 シルクとパターンの間の隙間がどの程度必用か等、参考になります。
清瀧院の枝垂桜
清瀧院枝垂桜

枝垂れ桜を見に清瀧院へ、八分咲でした。 (^_^)
見頃はここ数日かなと思います。

清瀧院のHP
清瀧院駐車場のマップコード:18037356*47

FusionPCBに注文したプリント基板が届きました
プリント基板届きました

3月14日に注文したプリント基板が届きました。
通関後、OCSの成田倉庫?「東京都江東区辰巳OCS東京スカイゲート」で2泊3日のお泊りをしていた様です。
想定より、「2泊」遅い到着でしたhi

前記事
μSDのリーダー その2
μSDリーダー

セリアのμSDリーダーの具合が良かったので、3個を追加購入しました。(左端は先日購入分)
のんびりしていると、モデルチェンジされちゃいますので今のうちです。hi
帰宅してから見たら、一つだけ白でした。(^_^)
μSDのリーダー
μSDリーダー

μSDリーダーで苦戦しています。
左から
。咤瓧遑庁蕋鵤訐修裡咤鎚儡后ΑΖ味咤弔料淨部の接触が甘くてダメ。
 μSDを認識しない事が多発します。
■咤瓧遑庁蕋鵤訐修裡妝咤楕儡后ΑΖ味咤弔料淨部の接触が甘くてダメ。
 μSDを認識しない事が多発します。
ダイソー製のUSB変換・・なかなか調子良いです。
ぅ瀬ぅ宗疾修裡妝咤楕儡垢修裡押ΑΓ妝咤促灰優タ部分の寸法精度が悪い。
 PCへの差込み困難。
 無理に差込むとPCが壊れそうです。
 と同じ物と思って購入したのですが 異次元の悪品質。 (;_;)
ゥ札螢∪修裡妝咤楕儡后Α本日購入。なかなか調子良いです。

ダイソーは諦めがつくけど、SanDisk製品の品質にはガッカリ!
品質と価格は比例しないようです。

●2020/03/24 追記 μSDリーダーの複数購入について・・

入手困難となった2GBのUSBメモリと2GB変換USBメモリ

μSDのリーダーは複数有るμSDをUSBやSDとして使う為に購入しています。
趣味でPC−9821と言う骨董パソコンを利用しているのですが、DOS上でUSBメモリを使用する場合2GBと言う制限が有ります。

  擬装.COMと言うドライバを使用すると、PC−9821のMS−DOSでUSBメモリが使えます。
  擬装.COMの他に USBASPI.SYS、ASPIDISK.SYS、ASPICD.SYS 等が必用。
  擬装.COM作者HP


気がついた時には、2GBのUSBメモリは市場から無くなっていました。
そこで、かろうじて購入出来た2GBのμSDをUSB等に変換して使う事にした次第です。

その為μSDの数だけ変換アダプタを用意してUSBメモリとして使用しています。
アダプタが高価だとお小遣がパンクするので、100均を愛用している次第です。hi

写真左は入手が間に合った2GBのUSBメモリ。
不足分は、μSDメモリとUSB変換でカバーします。
本日のハムラジオ 久しぶりのQRV
路肩の花

8N30ICT 430MHz FM (^_^)
 TNX 未来ICT研究所創立30周年局