Kuni/JA1UZGのもろもろブログを最新の情報に更新

色々チャレンジしていますが、記載内容は無保証です。各自の責任でお願いします。    . .
前月 << July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>翌月
 
ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
 
亙方式の超低速HDDだった (愚痴)
亙 (;_;)

私のノートパソコン、2.5インチが2台入るので
・システムドライブはSSD
・データドライブHGSTの1TB/7200回転 (HTS721010A9E630)
を利用していたのですが、CrystalDiskInfoを見ると、データードライブの余命が70%程度に低下しています。
この先数年は使えると思いますが、思い切って買換える事にしました。

購入したのが、東芝製2TB/5400回転 (MQ04ABD200)
購入した当初は快調に動いていたのですが、本日書込したら速度が激落ち。 (;_;)
調べてみると亙方式の様です。
データーの保存用として磁気テープ装置の様に使うのには良いと思いますが、パソコン内蔵としては無理な性能。
書込速度の傾向を見ると、
・最初は100MB/S超の高速動作 (キャッシュが効いている様です)
・徐々に速度が低下
・ディスクのキャッシュが底をつくと数MB/S
これじゃ何時間かかるか判りません。

HTS721010A9E630 は、終息品の様で、販売している店舗は少ないです。
(7200rpmなので書込は早いのですが、消費電力:発熱が・・・)
非亙方式の2.5インチ、消費電力の少ない高速HDDを探さねば <= 贅沢な注文です
コンデンサスポット溶接機の基板を実費頒布します (終了)
頒布は終了しました。
ご希望の方が大勢いらっしゃる様なら基板を再度オーダーします。
FusionPCBの$9.9キャンペーンが終了したため、下記価格より少し高くなりますのでご了承下さい。


スポット溶接機基板

上画像の基板、コンデンサスポット溶接機3号機、4号機に使用した基板を実費頒布します。

・シルク印刷
 シルク印刷では12Vと書いて有りますが、使用する電圧に応じた部品に変更して下さい。
 (当初12V〜15Vで設計したプリント基板です)
 アダプタのジャックシルク印刷にミスが有りますが、プリントパターンはOKなのでそのまま取付けて下さい。
 シルク印刷でTP10Vと記載してある部分は、12〜15Vの電圧になります。

隙間に押込んだ三端子レギュレーター

ハンダ面のプリントパターンはカット、紫外線硬化レジスト塗布済みです。

・参考
 ハンダ面に三端子レギュレータを取付けます。
 三端子レギュレータ取付け前に「DCジャック」を半田付して下さい。
 逆順だと、「DCジャック」が半田付出来なくなります。

説明書等は、一切ありません。
プログに回路図や写真を掲載しています。
過去記事を見て作成出来る方のみ応募下さい。


●単価は1枚300円です。
 2枚有ります => 終了しました。

●送料
・推奨
 ゆうパック(ゆうパック千葉県発60サイズ基本料金)
・非推奨
 保証無しでよろしければ、クリックポストも可能です。(185円)
 クリックポストの場合、遅れますのでご了承下さい。

●連絡先
 ご希望の方は、この連絡先へメールを下さい。

●参考
○大電流部
 プリント箔に頼らず、ハンダ面に電線を沿わせて下さい。
 私の場合、Fケーブル1.6φを剥いた1.6φの裸電線をハンダ面に沿わせています。
 大電流部のスルーホール3ヶ所は、1.6φの裸線が3本入ります。
○FET
 DとSは、ハンダ面の1.6φの電線に配線します。
 Gは、L形に折曲げて部品面に半田付します。
○部品
・殆どの部品は、秋月で揃います。
・メインコンデンサ
 16V8200μF(18φ)は秋月にあります。(溶接電圧12〜15V用)
 24V程度迄パワーアップしたい場合は、他のショップで35V4700μF(18φ)を入手して下さい。
・その他部品
 フートスイッチは、アマゾン等に安価な物が有る様です。
 電源アダプタはノートパソコン用等を流用して下さい。(CC/CV機能の有るDC/DCの利用が便利です)
 溶接電極、溶接電線(5.5-8sq)、大電流部裸線(F1.6を剥いた単芯を利用)等はお近くのホームセンター等で入手して下さい。
 ケース:私は百均のプラ箱を使用しました。

●溶接パワーについて
・16Vのコンデンサで作成した場合
 FET×2、コンデンサ×12個では、少し力不足を感じます。
 FET×10を実装して、外部コンデンサも増設、パワーアップする事を推奨します。
 コンデンサを増設し、低い溶接電圧で利用すると、スプラッシュが小さく綺麗に溶接出来ます。
 回路図と溶接状況は、この記事を参考にして下さい
・35Vのコンデンサで作成した場合
 回路図はこの記事を参考にして下さい
 下は、FET×2、35V4700μF×12個で0.2mm厚ステンレス板溶接テスト動画です。

 本基板単品(FETx2)で、薄いステンレスやタブ板の溶接が容易です。
 電圧を上げすぎると、オーバーパワーでスプラッシュがハデに出ますのでご注意下さい。
 用途に応じた適正な電圧、適正な電極押しつけ圧で溶接して下さい。
 外部コンデンサとFETを増設すると、0.3mmのステンレス板が引き剥がし困難になる位の強度で溶接出来ます。

●注意
 溶接時は保護メガネ等の安全対策をして下さい。
 FETやコンデンサは消耗品です。(利用状況によりFET等がパンクします)

●参考画像

 下写真は、CC機能の有る電源を利用しているので、電流制限は電源に任せて「電球は12V」を使っています。
 CC機能の無い電源を御利用の場合、電源電圧に適合した電流制限用の電球を取付けて下さい。

 ハンダ面
 BottomView
 ・画像上方にある黒いのはブリーダー抵抗です。(1kΩ2Wチップ抵抗)
  カッターの先でレジストゴシゴシして半田付しました。
 ・写真撮影の為、無水エタノールで洗浄しました。
  少し綺麗になったかな?

 部品面
 TopView

 コンデンサを外部に実装した例
 参考画像2
本日のハムラジオ
路肩の花

8J1ECL 430MHz CW (^_^)
 TNX 電気通信研究所70周年局

・1年振りのCW、チト緊張 hi
錆びてた〜〜〜 (;_;)
試作プリント基板で苦労させられています。

00 テスト基板のICソケット錆びてる(;_;)

ICを実装していたパターンにICソケットを付けて差替えを容易にしようともくろみました。
完成してよく見ると・・・プリント基板だけでなくソケットも青い。 (;_;)
青色の基板が災いして見つけるのが遅れ、半田付完了してから緑青に気がつくドジ。
保管が悪かったのか不明ですが、秋月のソケットは価格相応のメッキ品質みたいです。
ちなみに手持残りの7個は全て綺麗・・これ1個だけ錆びてた。。。

01 錆びてる

ソケットの拡大写真。

ソケットコンタクト

ソケットコンタクト拡大写真。

02 電動スッポンで半田を吸取ったら、ランドも吸取られてしまった

緑青の出たICソケットを除去する為電動スッポンを利用したら、ランドもスッポンしちゃいました。
温度設定400度は高すぎたのかな??
(温度が低いと半田がさらさらにならないのでスッポンしにくいんです)

スルーホール直付

ランドが飛んだ所は、スルーホールの中に半田流込みhi

PS.
動作確認用基板なので、フラックスの洗浄をしていません。
少々お見苦しいと思いますがご了承下さい。
紀平利香選手
来期に向けて4回転の練習をしている様です。
こんな綺麗な4回転を試合で見たい!

4回転ジャンプ練習風景(インスタグラム)
https://www.instagram.com/p/BzPhd-bFCzS/
無線機電源用端子箱 完成しました その2
LEDを付けました

蓋無しの端子箱をこのまま放置すると埃が溜るので蓋を取付け。
ついでにLEDも付けました。
単価68円、送料100円の安価な自動車用LEDです。
自動車電球用ソケットなどは持ち合せが無いので電線直半田。hi

小さなLEDでも良いのですが、無線機電源消忘が多いので、一目で分るようにした次第。
自動車室内灯に使われるランプなので輝度が高く、消し忘れると気がつきやすくてFBです。
AH−4の設置場所を部屋の壁に変更しました
AH-4を部屋の壁に固定

AH−4をリグの上に置いていたのですが、超接近設置は良くないようです。
ATU−IFのICにトラブルが発生しました。(原因は他に有るのかも?)

また、回り込み対策も困難な事から、リグと少し離そうと・・・
シャックテーブルの下に壁付けです。
AH−4の奥に見えているのは、ダミーロード(半田鏝)です。
なんと、リグとATUの離隔距離を「0.79」m確保出来ました。 < 殴

アンテナチューナーが上下逆なのは、ココだけの秘密です。hi

下映像は、過去の超接近設置状態。
リグとアンテナチューナーの離隔距離は、約0.01m。
超接近設置・・ユーチューブ動画
Windows10の更新、32bit版は失敗しました
Windows 10 更新 アシスタント ダウンロード速度

Windows10更新アシスタントをインストールしてWindows10Pro(32bit版)の更新です。
ダウンロードサイズが6GB以上なので、GBE環境でのトライです。
平均DL速度は、200Mbps程度でした。
パソコンがCore2duoの旧スペックなので速度が出ないのかも?

更新の作業は、64bit版では全て成功したので、気楽に進めていました。

失敗

安易に考えていたら、失敗のメッセージが。 (;_;)

WindowsDefenderしか使ってないよ

WindowsDefenderしか使っていないんだけど???
更新しなくても特に問題無いのでとりあえず後日と言う事で放置hi
Windows10更新アシスタントは、速攻でアンインストールしました。
道の駅しょうなんに行きました
自転車怖い

道の駅しょうなんでお買物してから、手賀沼沿いを散策しようかと・・・
かつては静かだった土手道が、自転車道路に。
自転車の方々、飛ばしているので徒歩は怖いです。
散歩は諦めて帰宅。

道の駅しょうなんのHPは、こちら
道の駅しょうなん駐車場入口のマップコード: 18078394*08
Windows10の更新、巨大なファィルが落ちて来る
Windows 10 Update 1903
クリックで拡大


Windows10の更新1903です。
3G超えのファイルが2つ落ちてきました。(6.4GB)
GBEや高速WiFi環境での更新をお薦めします。
Giga難民にならないよう、ご注意下さい。